スポンサーサイトツキに見放され、連敗

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-21

Mets に3連勝して喜んでいたのも束の間、昨日・今日と Oakland A's に連敗して3位が危なくなってきました。
今日の試合は Joel Pineiro (SEA) - Rich Harden (OAK) でした。
Harden は Tim Hudson が抜けた今シーズン、Oakland の右のエースです。シアトルにほど近いカナダのビクトリア出身で、Mariners のファンとして育ったそうですが、1999年にはMariners からドラフトで指名されたにもかかわらずサインせず、2001年にOakland に入団しています。今回は DL明けから初めての登板ということもあり、70 - 80 球の球数制限がついていました。Pineiro はシーズン当初からなかなか調子の波に乗れませんが、投球内容はよくなってきているように見えます。

今日の Pineiro は投球のテンポが速く、立ち上がり2回は上々の出来でした。しかし、2回裏に Richie Sexson のセンターオーバーの2塁打・Jose Lopez の犠牲フライで1点を先制した直後の3回表、Dan Johnson にメジャー初ホームランを浴び、四球と連打でもう1点追加されました。
続く4回にも、無死2・3塁から Johnson のレフトへの犠牲フライ、2死から Marco Scutaro のセンター前タイムリーであっという間に2点を追加され 1-4 と一気に劣勢に立たされました。

Pineiro はこれ以降は8回までゼロを並べました。8回を8安打4四球6奪三振で自責点4という成績でしたが、3・4回以外では2安打とよく抑えたと思います。

Harden は4回まで、故障明けとは思えないピッチングでしたが、5回裏に攣即三振で2死となった後、Jeremy Reed のヒット・Mike Morse の四球で2死1・2塁、Pat Borders の打球はセンター後方を襲いましたが、センターの Mark Kotsay が背走して見事なキャッチ、抜けていれば2点返して1点差・2死2塁でイチローという場面だっただけに残念でした。

Harden は5回で 68球投げて降板、6回からは藪投手の登板。イチローがヒット・Beltre の四球で1死1・2塁のチャンスでしたが、Sexson の放ったいい当たりの打球はサードの真正面で、5 - 4 - 3 のダブルプレー。

全く同じようなことが8回裏にも起こりました。1死後、イチロー・Winn ・Beltre の3連打で1点をとって更に1死1・2塁。ここで、Sexson の打球はいい当たりながらまたしてもサード真正面・・で、5 - 4 - 3 のダブルプレー。まるでビデオを見ているかのような打球でした・・・。

というわけで、今日のゲームでは、Mariners にツキのなさを感じました。
この4連戦、早くも勝ち越し消滅。Angels が Rangers に連勝して下位チームを引き離しにかかっているので、明日からの残り2試合は本当に負けられないゲームになります。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/105-60beb678

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Gagne, 今季絶望・・
<< old
ブルペン:何とかならないか?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。