スポンサーサイト劣勢をはねかえしサヨナラ勝ち!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-22

同地区のライバル・Oakland A's 相手に2連敗で迎えた4連戦の3戦目。この負けられない試合を、何度も劣勢に立たされながらも粘って、逆転サヨナラ。いや~よかったよかった。
先発投手は両チームとも開幕投手の Jamie Moyer (SEA) - Barry Zito (OAK) の梁左腕でした。

Moyer は今日初めて若手の Rene Rivera とのバッテリー(年の差 21才!)。Mariners の先発投手陣の中では Moyer だけが違う種類のサインを使っているそうで、そのあたりリードも含めて不安視されましたがよく頑張りました。
その Moyer, 5回までは無失点でしたが、6回表、2死3塁から Eric Chavez に3塁線を渋く抜けるタイムリーツーベースで1点・7回表には Eric Byrnes の左越え3塁打の後、Dan Johnson のライト犠牲フライ(これはイチローのナイスキャッチ)で1点を失い、8回表は Kotsay の内野安打(これはピッチャーゴロだったが、Moyer の股間を抜けてしまったもの)・四球などで1死1・3塁のピンチを迎えたところで降板。代わった J. J. Putz が Bobby Kielty に犠牲フライを許して8回まで計3失点。

Zito は素晴らしい出来で、独特の大きなカーブもコントロールよく決まっていて、Mariners は8回途中まで4安打、Sexson の1発による1点に抑えられました。

というわけで、9回まで 1-3 と劣勢で来てしまいました。打線に元気がなかったので、このまま3連敗かと半ばあきらめムードで見ていたのですが、9回裏、Sexson, Ibanez の連打・Boone の送りバント(!)・Reed が倒れた後、売り出し中の Mike Morse が起死回生のライト前タイムリー。いい当たりでしたが、2塁走者・代走の Bloomquist も生還して土壇場で同点に追いつきました。

10 回は Matt Thornton - Julio Mateo - Ron Villone の継投で2死2・3塁のピンチをしのぎ、11 回は Ron Villone が3者凡退(Mark Kotsay の強烈なピッチャーライナー、顔に直撃しそうなところをナイスキャッチ)と不安なブルペン陣がしのぎ、12 回は Eddie の登板。もっとも信頼がおける Eddie でしたが、今日は球が高めに抜ける感じで、2死1・3塁から Eric Byrnes に外角高めの球をライト線タイムリーツーベースで勝ち越しを許してしまいました。これが、何と5月4日以来の失点となり、3-4 で再び劣勢に立たされます。

打線は10回は Justin Duchscherer に、11回は Ryan Glynn に抑えられていました。しかし12回裏、1死後 Borders が中前打で出塁。続くイチローの打球は投ゴロ、イチローの足をもってしてもダブルプレーで試合終了かと思われた瞬間、Glynn からの送球をショートの Crosby が落球し、Mariners は命拾いすると同時にチャンスを広げました。ここで Randy Winn が高いバウンドでサードの頭を越えるタイムリーヒットで同点。Beltre は低めの変化球に空振り三振でしたが、Sexson が左前打。打球が速く、レフトの Byrnes もいい返球をしたのですが、何と言っても2塁走者はイチロー、一瞬早くホームベースを左手で払ってホームイン!
チームにとってこの苦しい試合をものにできたのはとても大きいと思います。

何と、8回終了時点でリードされている試合はこれまで36戦全敗、このゲームが初勝利です。

これでこのシリーズ1勝2敗、何とかタイで終わる可能性が残されました。
この試合の勝ちを生かすためにも明日のデーゲーム、絶対にものにしてほしいところです。
スポンサーサイト

Comment

fuyu : 2005-06-24(Fri) 15:34 URL edit
こんにちは。おひさしぶりです。
順位表をこっそりチェックしてみました(べつにこっそりする必要はないのですが)・・・最下位じゃない!・・・驚きました。
最近は、マリナーズの試合があっても、近くの駐車場がevent parkingにならないんですよね。大分お客さんが減っているってことなのでしょうか。頑張ってほしいです。
なむぞう : 2005-06-25(Sat) 03:17 URL edit
fuyu さん、コメントどうもです。
そう、まだ最下位ではありません。前半戦、Oakland も同様に調子が悪かったですからね。でも昨日の負けでいよいよ最下位の危機です。

この間の日曜日はかなりお客さんも入っていましたが、それ以外は客足は今ひとつです。平日のナイターは結構寂しいです。時々、3階席 $17の席が $10 に割引、というプロモーションも出ています。強かった頃は連日満員だったそうですから、やはりファンの目はシビアですね。

おたんこなす : 2005-07-01(Fri) 09:32 URL edit
去年同様負け癖がつきつつあるような気がしてなりません。がっかりです。でもだからと言ってペナントレースをあきらめるようなトレードには賛成できません。ますますファンをがっかりさせることになりませんか。
なむぞう : 2005-07-01(Fri) 15:30 URL edit
本当にあっという間に 4.5差をつけられての最下位独走状態になってしまいました。これでは去年とまるで同じですね。ちょっとはましかと思っていたのですが。
トレードで今のところ名前が挙がってきているのは Boone の他に Winn, Moyer, 長谷川, Eddie といったところです。レギュラー選手の下で有望若手選手がくすぶっているということであれば、まだいいのですが、そうでない場合であっても、この7月のトレードは主力選手が下位チームから上位チームへと移っていくので、特に下位チームのファンの関心を失いかねませんよね。「今シーズンはもうダメそうだから来年の開幕まで待っててね」って感じでしょうか。
Bevasi GM は「今年は去年とは状況が違うので、去年の Freddy Garcia Trade みたいなことはしない」と話していますが、はたしてどうなりますか?
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/107-3e95597b

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Kirk Saarloos の前に完敗
<< old
Gagne, 今季絶望・・
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。