スポンサーサイト長谷川がトレード??

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-01

2003年にセットアッパーとして大活躍したものの、昨年春に起こした肘の故障で腱移植手術を受けてリハビリ中だった Rafael Soriano は順調にリハビリ登板をこなしているようです。6/28 の登板では2イニングを無安打・無失点・1四球・4三振という内容でした。彼の復帰はチームにとってもファンにとっても待ちわびたものですが、これに伴いチーム構成に動きが出るだろうという記事が Seattle Times に掲載されていました。
Soriano は現在のところ 60日間の故障者リストに入っていて、この場合は 40人ロースターに一人補充することができます。つまり、Soriano を故障者リストからはずしてロースターに入れるためには一人分の空きを作る必要があります。
そこで問題になるのが「誰をはずすか?」という問題です。

Wiki Gonzalez を designated for assignment* にしてウェーバーにかける(→3日間他の球団から獲得の申し入れがない場合は 40人ロースターからはずしてマイナーでプレーさせることができる)。

長谷川または Jeff Nelson をトレードに出す:特に長谷川は Hargrove 監督に冷遇されているような感じがあるので、もしかすると他チームの方が活躍の場が与えられるかも・・ちょっと寂しいけれど。

Matt Thornton を designated for assignment にしてウェーバーにかける:Thornton は out of option ** のため、マイナーに落とすことができずにずっとメジャーで投げ続けているという状態です。彼は時々ノーコン病を発症して試合をめちゃくちゃにしてしまうのですが、一方で、95 mph (153 km/h) を出せる左腕投手ですから、その将来性は高く評価されています。彼をウェーバーにかければ、おそらく他球団から獲得に動くだろうと考えられています。つまり、ウェーバーをクリアして Mariners 傘下のマイナーでプレーさせることは難しそうで、有望な若手を他球団にただで取られてしまう可能性が高いので、この選択枝がとられる可能性は低いだろうと思われます。今のチームの状況を考えると、勝敗度外視で若手投手に経験を積ませることも難しいことではなさそうですし。

いずれにしても、これから1ヶ月間、トレードも含めてロースターに動きが出ることが考えられるので、Soriano の復帰時期にはまた状況は変わってきているかもしれませんが・・。

* designated for assignment: out of option の選手をロースターからはずす場合にこの状態に置かれることになる。この状態になってから 10日間のうちにトレードに出されるかウェーバーにかけられることになる(ウェーバーをクリアすれば,
すなわち他球団から獲得の申し出がなかった場合、そのチームのマイナーチームでプレーすることが可能)中村ノリが今春この状態になったが、ウェーバーをクリアしたため、現在は Dodgers 傘下のマイナーでプレーしている。日本語では「戦力外通告」と表現されることが多い。

** out of option: 一旦 40人ロースターに入った選手に対しては3年間に限り「option を行使して」マイナーリーグへ落とすことができるが、この期間を過ぎた選手は "out of option" といい、マイナーへ落とすためには一度ウェーバーにかけてこれを通過しなければならない(”designated for assignment"参照)。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/115-0d357d2f

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ああ6連敗
<< old
投手陣再建を!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。