スポンサーサイトBoone は何処へ?:続報

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-06

Boone のトレード期限は今日を含めてあと7日、興味を示している球団はいくつかあるようです。
ざっと見たところ、パドレス・ツインズ・ヤンキース・レッドソックス・カブス・メッツの名前が挙がっています。中でも、パドレス・ツインズが現在のところ有力のようですが、どちらもあまり資金豊富なチームではないのと、期限切れでウェーバーにかけることを考えたら、マリナーズも Boone の今年の残りの給料をかなりの部分負担しなければならなくなるのは避けられない事態だと思います。

今日の St. Paul Pioneer Press には、可能性としては低いながらツインズの先発ローテーション投手の一人・Kyle Rohse が交換要員となり得る可能性が報じられています。今季7勝6敗・防御率 4.26 という数字を残している 26才の投手ですが果たして・・?

ヤンキースは Robinson Cano がセカンドに定着してよくやっているので、緊急にセカンドを必要とする状態ではないのですが、一説によると、Boone こそが今シーズン苦戦しているヤンキースの選手達の雰囲気をガラリと変えられる可能性がある、という意見があり、スタインブレナーが獲得指令を出すかも、という噂があります。

メッツのセカンドは松井稼頭央選手が守っていましたが、現在は故障で DL に入っており、まだ復帰の明確な目処は立っていないようです。しかし、Marlon Anderson がしっかり穴を埋め、かつMiguel Cairo が復帰した現状では、急いでセカンドを補強する必要はないようです。
そういえば、日本の報道で「松井稼頭央、マリナーズにトレードか?」なんて記事がありましたが、これはないでしょうね。わざわざ給料が高いわりに故障がちで成績を残していない松井稼頭央を連れてきて、Boone の後継者として準備してきた有望株 Jose Lopez の出番を奪うことはしないでしょうから・・。そんなことをしたら Boone を切った意味がなさすぎる。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/122-b15d6077

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Eddie もトレード?
<< old
独立記念日に日本人が大活躍!?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。