スポンサーサイト対エンジェルス第1戦・予想外の(?)大勝

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-07

このゲームに限ってはどちらが西地区首位を行くチームかわからないゲームだったみたいです(←終わってから結果を知りました)。正直言ってこの試合は hopeless だと思っていました。エンジェルスの先発は今季好調でオールスター出場も決めているエース Bartolo Colon (11勝4敗・自責点 3.06), 対するマリナーズの先発は4月末から勝ち星がなく、なかなか調子の出てこない Joel Pineiro (2勝4敗・自責点 5.79) でした。

しかし野球はわからないもの。

初回・2回でマリナーズ打線は、決定打を欠いたロイヤルズ戦の鬱憤を晴らすように7点を取り、打線の援護とバックの攻守もあって Pineiro は6安打完投、チームは最終的に 10-2 で勝利を収めました。

今回のエンジェルス戦はオールスターゲーム前の最後のシリーズとなる4連戦。打線も着実に当たってきているし(特に Bloomquist がここ6試合で打率 .428!)、ブルペンもここ42イニングで防御率 1.71 とよくやっています。ここで是非とも4連勝を!と意気込みたいところですが、今季前半だけで何回裏切られてきたことか、というわけであまり欲張らず落ち着いて見守りたいと思っています。

裏切られた、といえば、Pineiro と Gil Meche は今シーズン、より安定した投球を期待されていたのですが、その期待を裏切って、いい時もあればとことん悪い時もある、ということを繰り返しています。つまり、ファンとしては今回の Pineiro の好投を見てもまだ安心したり期待を持つことができないのです。
2人ともエースとなり得る力をもっているので、後半戦にはもうワンステップ階段を昇ってほしいところです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/124-978f79d8

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
イチローの体罰体験談
<< old
Eddie もトレード?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。