スポンサーサイトスコアブック

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-08 / NPB > This Entry [com : 2][Tb : 1]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-08-02

先日のYogaねーさんのコメントからいろいろ懐かしいことを思い出しました。
なむぞうは小学校3年生まで仙台で育った関係で、プロ野球デビューは昭和51年のロッテー南海戦でした。父が県営宮城球場(今のフルキャストスタジアム宮城)に連れて行ってくれました。
球場へ向かう途中にスポーツ用品店に立ち寄り父が買ったものはなんと「スコアブック」。以後少しずつ記録の仕方を教えてもらいました。思えばこれが野球ファンへの第1歩だったような気がします。以後、高校生の頃までは観戦した試合はほとんどスコアにつけていました。周りの観客にも珍しがられましたし、結婚式のスピーチで小中学校時代の友達にも暴露されたほどですから、相当稀少な人種だったようです。

大学に入ってからは野球観戦といえば神宮での傘ふりを意味しましたので、あまりスコアをつけなくなってしまいました。
アメリカでは、日本に比べてスコアをつけている人が多いのですが、僕自身はつけていません。ESPN のウェブサイトなどで試合の細かい情報まで検索できるので、まあいいか、という感じになってしまっています。

でも、スコアをつけながら観戦していると、各打者の傾向とか投手の投球内容などが一目でわかり、より詳しくゲームを見ることができるので、とてもお勧めです。

また、後から見直すと、そのゲームのことを思い出すことができます。
例えば、僕の古いスコアブックには、上記初観戦試合の後も、昭和52年夏の甲子園決勝・東洋大姫路ー東邦、昭和53年日本シリーズ・ヤクルトー阪急、昭和59年夏の甲子園・PLー享栄(清原1試合3本塁打)といった TV観戦試合も残っていて、個人的に貴重な資料になっています。
今は実家の物置に眠っているはずですが、今度時間があるときにでももう一度見直してみたいなあと思っています。
スポンサーサイト

Comment

Yogaねーさん : 2005-08-03(Wed) 14:35 URL edit
スコアブックは奥深いですよね。
あれで、ライナーとフライの区別が分かったし、そうやってスコアをつけていると、その選手の調子が分かったり。ただ、ちょっと気をとられてしまうとスコアがつけられなかったり。その後の生活には何の役にも立ちませんでした(笑)が、野球がサイエンスっぽく(?)感じましたね。
なむぞう : 2005-08-03(Wed) 18:05 URL edit
野球って、ボーっと見ているとだれるんですよね。試合時間も長いし、間合いも多いし。
だけど、スコアをつけながら見たり、あるいはそこまでしなくても自分で作戦や配球を考えながら見ているとそんなに時間を感じないです、僕の場合。
今回、また久しぶりにスコアをつけてみようかと思いました。スコアをつけていると食べたり飲んだり、トイレに行ったりするのが大変なんですけどね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/150-032ee50d

意味が面白いかも

JR仙石線 榴ヶ岡駅または宮城野原駅から徒歩5~10分宮城野原駅は、県営宮城球場を含む宮城野原公園総合運動場の北端に位置しており、信号3つ分だけ離れている榴ヶ岡駅から下車するよりも利用しやすい・仙台時代のロッテ・三木谷浩史・楽天球団オーナーへの手紙・フルスタで ...

意味が面白いかも : 2007-03-12 02:42

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Rafael Palmeiro, ステロイド使用で出場停止
<< old
高津投手、ホワイトソックスから解雇
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。