スポンサーサイトSweep! と思ったら・・

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-08 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-08-10

対ツインズ3連戦の3戦目、9回2死2ストライクまでリードしていながら、3連戦3連勝を逃してしまいました。
先発の Joel Pineiro は前回登板のホワイトソックス戦に続いていい投球をみせ、7回2/3 を7安打無四球で2失点という内容でした。98球中72球がストライクと、コントロールに苦しんでいた今シーズンでは出色の内容でした。
3-1 とマリナーズリードで迎えた8回2死2塁で左打者の Joe Mauer を迎えたところで左腕の George Sherrill に交代、そしてこの対戦は Mauer が左前タイムリーで 3-2 と1点差に詰め寄られました。

それでも9回は Eddie がいるから半ば安心してみていました。で、Eddie は簡単に2死を取り、打者は Michael Cuddyer。2ストライク0ボールと追い込んでから3球ボール・3球ファールで粘られ、9球目はセカンドの左へ。Bloomquist が逆シングルでよくキャッチしたのですが、無理な体勢からのジャンピングスローは長身の Sexson の更に上をゆく暴投となって、あろうことかスタンドへ。いわゆる "take one base" で同点の走者が2塁まで進んでしまいました。
次打者 Lew Ford は3球目を三遊間を抜くタイムリー。Eddie のセーブ失敗はなんと4月9日以来、連続セーブ成功記録は27でストップしてしまいました。

延長に入ってからは両チーム走者を出しても決定打が出ない展開で、マリナーズは Julio Mateo - Matt Thornton が何とか4イニングをゼロに抑えていましたが、延長14回表、Jeff Nelson が四死球で走者2人を出した後、リリーフした長谷川が3連打を浴びるなどして計4失点、試合が決まってしまいました。最初の9イニングは2時間半ペースだったのに、延長の5イニングには2時間くらいかかり、結局負けでは疲れも倍増という感じですね。

こんなことでは長谷川の登板機会は更に減って若手に機械を揺することになっていきそうです。Nelly も同様。

Bloomquist は9回のエラーの後、好機で打ち上げたりバント失敗したりと、何をしてもうまくいきませんでした。

あと、心配なのはイチローです。
5試合連続ノーヒットの後は23打数8安打 (.348) とヒットは出ていますが、この2試合では2三振ずつとイチローらしくありません。安打数もこのペースで行くと年間205安打と、200安打も結構際どくなってきてしまうのでは、と心配です。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/156-57f59484

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Felix Hernandez 今後の登板予定
<< old
対 Minnesota Twins 観戦記~Felix初勝利!編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。