スポンサーサイトHappy Friday Night

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-09 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-09

今日は夫婦揃って、 fuyu さんにお勧めの「いづみ」へ連れて行ってもらいました。カウンターに座って久々に本格的な寿司を堪能しましたが、ほたて・ミル貝から始まった握りはどれもおいしく、特に中盤のトロづくしには一言で言い表せないほど感動しました。シアトルでこんなにおいしいトロが食べられるとは・・。
(注:ここから強引に野球ブログへ戻る)
というわけで幸せな気分で帰宅するとマリナーズは2-0でリード。さすがホームで負け無しの Moyer おじさん、ローテーションを入れ替えてまでシアトルで先発させた甲斐があったというものです。また、この時点までにイチローのシーズン100得点・Sexson のシーズン100打点がそれぞれ達成されていました。

しかし試合の流れはオリオールズに傾きかけ、8回表に Brian Roberts のレフト線2塁打で1点を返され、代わった Julio Mateo から Miguel Tejada が痛烈なレフト前ヒット。
050909-2.jpg走者 Roberts は俊足でしたが、レフトの Jamal Strong がバックホーム、かなり微妙なタイミングでキャッチャーのタッチも追いタッチになりましたが、間一髪アウト。(AP photo / Elaine Thompson)


8回裏に Raul Ibanez の2塁打を契機に相手投手 Jorge Julio の暴投で1点追加し2点差に。

しかし、9回表に登板したのは Eddie ではなくて、George Sherrill。肩・肘の故障を抱えながら投げてきた Eddie は一昨日のオークランドでの試合で4安打を浴びてリリーフ失敗をしていたので心配しましたが、今日は Eddie を使わないで休ませるということは試合前からの決定事項であったとのことで一安心。

しかし、Sherrill はいきなり Jay Gibbons にホームランを浴びて降板。代わった J. J. Putz も走者を出して盗塁を許し一打同点の場面を迎えますが後続を断ってなんとか試合終了。最後は見ていてハラハラさせられ、Putz じゃ役不足だと思いましたが、とりあえず勝ってよかった。

おいしいものを食べてマリナーズが勝つ。やっぱこれじゃなきゃ!
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/171-a17a9a98

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
対オリオールズ戦・イチロー固め打ちなど
<< old
日本の野球中継に一言
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。