スポンサーサイト対ボルチモア・オリオールズ観戦記~試合編~

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-09 / Mariners 観戦記 > This Entry [com : 0][Tb : 1]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-11

050911_field.jpg 今日の席はまたしても3階席。最近買ったので少し外野寄りですが、まだまだ座席には余裕がある感じでした。
今日の先発はデビュー以来、素晴らしい投球を重ねて今やマリナーズで数少ない、明るい話題の主・Felix Hernandez なので楽しみにしていました。オリオールズの先発は左腕 Bruce Chen。この投手は今シーズン11勝9敗・防御率 3.60 という成績ですが、対マリナーズの防御率は2点台と、かなりよく抑えられています。

というわけで、投手戦を予想していたのですが、序盤はその予想を大きく裏切る展開に。

まずマリナーズが1回裏に先制します。イチローが外角低めのボール球を軽打してショートの Miguel Tejada の背後に落とす技ありのヒットで出塁。
Jamal Strong が手首に死球(この後、2回表の守備にいったんは着いたのですが調子がよくなかったらしく、退場。その後骨折が判明し、今シーズンの出場は絶望となってしまいました・・残念)。1死後 Richie Sexson が四球で満塁。Adrian Beltre の打球は投手前のボテボテの当たり、これをバックホームしようとした Chen が悪送球で、イチローが生還。
更に、2死後、Jeremy Reed が押し出しの四球を選び、更に Yuniesky Betancourt の打席で暴投があり、計3点。Chen の独り相撲のような形で、1安打で3点を先制。

Felix は1回こそ、俊足 Castro のバントヒットのみに抑えたものの、Brian Roberts のセンターフライはなかなかいい当たりでしたし、まだ不安な感じでした。

2回はデビュー以来、最悪のイニングに。
Jay Gibbons: 2ボールから右中間にいい当たりのシングルヒット
B. J. Surhoff: フルカウントから四球
Alejandro Freire: ストレートの四球
David Newhan: 1-1 から高めの球をライト犠牲フライ
Sal Fasano: 3球三振でツーアウト、しかし、
Brian Roberts: 0-3 から 2-3 までもってきたが結局四球
B Castro: レフト線へエンタイトルツーベースで2点。
Melvin Mora: 1-2 から痛烈なライト前ヒット、更に2点追加。Mora は一・二塁間で挟殺でチェンジ。

この回は特にストレートも変化球もコントロールに苦労していました。でも際どい球が多く、主審の判定もかなり辛かったことも災いしたようです。試合後、Hargrove 監督はこの件についてコメントを避けましたが、Felix は "The strike zone was a little bit smaller today." と言っています。

2回裏はセンター前ヒットで出たイチローを置いて、Ibanez がライトフェンス際へ大きなフライ。同点ホームランかと思いましたが Gibbons にキャッチされ、歓声はため息に変わりました。

その後、両投手とも立ち直り両チームゼロ行進となります。
Felix は7回に David Newhan のライト線二塁打・Sal Fasano のレフト前タイムリー(注:これは Beltre が処理すべき打球)で1点を追加され、3-6と3点リードを許しました。

結局、Felix は7回を7安打・3四球で自責点6という成績でした。2回を除けば、6回4安打無四球・自責点1ですからいつものペースといえなくもありません。それだけに悔やまれる2回表でした。
もう一ついつもと違ったのはフライが多かったこと。これまでは三振以外はほとんどゴロを打たせていたのが、今日は7つのフライアウトがありました。広い Safeco Field ではこれでもいいのですが、やはり少しずつ球が上ずっていたのかもしれません。

2回終了時点で2点差ですから、中盤から後半に向けての追い上げが期待されたのですが、今日の打線は不甲斐なく(いつものこと??)、毎回のように走者は出すのですがタイムリーが出ず消化不良な試合でした。
最終回も2死1・2塁で打者 Beltre と、1発出れば同点、という場面でしたが、今日の(というより今年の) Beltre は悪球に力んで手を出しすぎで、その打席も相手のクローザー・B. J. Ryan 相手に当たる気配もなく、あっさり空振り三振に倒れて試合終了。結局3-6で敗戦。

先日、マリナーズの On-base percentage (走者がいる場面での打率)が .315 でメジャー30球団中最低だということを知りましたが、今日もそれを反映した試合ぶりでした。

最後にイチローは1・2打席でヒットを放ちましたが、残り3打席はセカンドへのハーフライナー・見逃し三振(また抗議していた)・サードフライに終わり5打数2安打。
シーズン200本安打へは、残り20試合で21本となりました。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/175-bbb6f134

ボルチモア・オリオールズとは

ボルチモア・オリオールズボルチモア・オリオールズ(Baltimore Orioles)は、アメリカ合衆国|アメリカメジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区に所属するプロ野球チーム。本拠地はメリーランド州ボルチモア (メリーランド州)|ボルチモア市。オリオールとはムクドリのことで、 ...

日本の野球・アメリカのベースボール : 2007-02-08 21:52

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
首位エンジェルスを粉砕!
<< old
対ボルチモア・オリオールズ観戦記~練習編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。