スポンサーサイト首位エンジェルスを粉砕!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-09 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-12

今日からはホームでエンジェルス3連戦。
エンジェルスは試合前の時点でアメリカンリーグ西地区首位ですが2位に2ゲーム、ワイルドカードではクリーブランド・インディアンスが元気なところを見せていることを考えると、マリナーズ相手に取りこぼしたくないところでしたが結果は8-1でマリナーズの勝ち。今日に限って言えばどちらが首位チームかわからないような試合でした。ポイントとなったのは:

1. Joel Pineiro の好投
最近好調の Pineiro は今日も引き続きいい投球を見せてくれました。初回に Chone Figgins の2塁打を足がかりに、Garret Anderson の犠牲フライで先制されましたがその後は立ち直り、3回から7回までは走者を許しませんでした。
8回に少し制球を乱し、2死満塁のピンチを迎えたところで J. J. Putz のリリーフを余儀なくされましたが、結局7回2/3 を3安打・2四球・1失点で抑えて7勝目。球速・コントロールとも上出来でした。

2. 積極的な作戦
3回に Richie Sexson のツーランで逆転した後、4回裏1死から死球で出た Jose Lopez が盗塁成功。2死後、Yorvit Torrealba が目の覚めるようなセンター前タイムリーで1点追加。また5回の追加点は1死1・3塁から Adrian Beltre, Raul Ibanez のダブルスチールによるもの。積極的に走者を動かす采配が功を奏したようです。

3. Raul Ibanez の活躍
今日の Raul は5打数4安打2打点と大活躍。上記のダブルスチールも3塁からスタートよく本塁を陥れ、その次の打席では Safeco Field では珍しい左打者の流し打ちのホームラン、そしてサイクルヒットのかかった最終打席では残っていた3塁打は打てませんでしたがレフト前タイムリーで更に1点を追加するなど、大暴れの1日となりました。

エンジェルス3連戦ではこの試合が最も勝つ確率が高そうだとは予想していましたが、ここまでいいゲームをするとは思いませんでした。やっぱりこういうゲームこそ球場で見たかったなと思います。

明日は Ryan Franklin (SEA) - Paul Byrd (LAA) の先発。マリナーズは今シーズン、 Paul Byrd を苦手としており、苦戦が予想されますがどうなることやら。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/177-16b6c2fc

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Thanks Dan!
<< old
対ボルチモア・オリオールズ観戦記~試合編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。