スポンサーサイトテキサスに打ち負け4連敗...

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-09 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-18

しばらくマリナーズの記事をサボっていました。
先週、ホームでエンジェルスに3連勝して「おーっ、やるじゃん!」と思わせたのも束の間、テキサスでは元のマリナーズに戻り、あっけなく4連敗。この不安定さがチームとしての未熟さを如実に示していますね。やれやれ。特に第2戦では頼みの Felix が今季最短4回途中でノックアウト(8安打3四球1本塁打で自責点5)。長谷川が4回無失点と頑張ったものの、打線の拙攻もあって負け。

第3戦では終始リードして試合の主導権を握りながら、9回に Eddie が伏兵 Mark DeRosa に1発を浴びて同点となった後、Hank Blalock のサヨナラ打で逆転サヨナラ負け(Michael Young の走塁も素晴らしかったが・・)。

第4戦は、Franklin(SEA) - Dickey(TEX) というマッチアップで、打ち合いが予想されたが、まさにその通りの展開となり、特に Franklin は4回でなんと4本のホームランを浴び7失点KO。やっぱり前回の好投は年に1-2回あるだけのフロックだったということで・・。

よく見てみると、この4試合、1点差が2試合・2点差が2試合と、決して大差で敗れ去ったわけではないのですが、力負けした印象が残っているのは一発の差でしょう。4連戦での本塁打数:マリナーズ 1-7 レンジャーズ。
今日の試合、4回に飛び出したレンジャース・Rod Barajas のホームランは、レンジャース本拠地・Ameriquest Field でのチーム150本目のホームランとなり、これはメジャー新記録となりました。チームに20本塁打以上打っている選手が6人(他に Barajas が19本・Gary Matthews Jr. が17本・・)もいるのって反則ですよね。マリナーズなんて、1人(Richie Sexson)しかいないのに・・。

まあ、それだけ打っていてもチーム勝率はやっと5割。やっぱり野球は投手を中心とした守りを含めた総合力ってことですかね。

なお、注目のイチローですが、4連戦初戦で足に死球を受け、試合後は相当痛そうだったとのことで心配しましたが、翌日からは DH でプレーし計6本のヒットを重ねて、残り13試合で12本まで来ました。あともう少し、ケガにはさらに気をつけてクリアしてほしいところです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/181-bc9de10e

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ポストシーズン争いが激化!
<< old
クレメンスに感じたこと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。