スポンサーサイトポストシーズン争いが激化!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-09 / MLB (the Mariners 以外) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-20

レギュラーシーズンも大詰め、あと2週間足らずの間ですが、アメリカンリーグの3地区+ワイルドカードは激しい争いが展開されています。AL east:
ボストンが逃げ切れるか?それともヤンキースが追いつくか?というところが注目されますが、9/19 にはレッドソックスが A's に負け、ヤンキースが伏兵 Crosby のサヨナラホームランでタンパベイに勝ったため、その差が 0.5ゲーム差に縮まってしまいました。

今日は両チームとも打線がよく機能して揃って勝ち、僅差で併走しています。この両チーム、最終週に3連戦を残しており、0.5 ゲーム差はあってないようなもの。レッドソックスは今、投手陣を含めた守りが悪く最近10試合を5勝5敗、一方ヤンキースは Bubba Crosby だけでなく、Robinson Cano や、Chien-Ming Wang などの、まだ給料の安い選手達が頑張って流れを作っているように見えます。現時点での勢いではヤンキース有利に見えるが、個人的には何とかレッドソックスに頑張ってほしい。

AL central:
この地区も、本当にすごいことになってきています。ついこの前までは誰しも「AL central はホワイトソックスで決まり」と思っていたのですが、クリーブランド・インディアンスが迫ってきています。
7月14-17日の直接対決4連戦でホワイトソックスが4連勝して最大15ゲーム差まで開いたあと、8月初めまでは14ゲームあったのが、1ヵ月あまりで10 ゲーム以上縮まり、残り10日でインディアンスがホワイトソックスを射程圏内に入れてしまいました。

ホワイトソックス投手陣が以前のような安定感を失っているのと、インディアンス打線が好調に打ちまくっている、というのが大まかな印象です。日本で報道されている「井口の監督批判」だけでなく、監督が選手のことを公然と批判するなど、ちょっとチーム全体のムードが悪くなっているように見えるのも気になるところ。

この両チーム、現在直接対決3連戦を戦っており、インディアンスが 9/19 の第1戦をものにした時点で 2.5 ゲーム差まで来ましたが、昨日の第2戦ではホワイトソックスが Joe Crede のサヨナラホームランで息詰まる接戦を制して再びその差を 3.5 に広げ、マジック9が点灯しました。ホワイトソックスとしては、数字的なところだけでなく、勢いに乗るインディアンスを一旦止めたという点で値千金の一発だったと言えるでしょう。しかし、東地区と同様、この2チームにはシーズン最終3連戦が残っており、まだまだ目が離せません。

Wild Card:
現在中地区2位のインディアンスは88勝63敗で、東地区首位のレッドソックスと全く同じ勝敗数です。
西地区2位の A's は 4.5 ゲーム差で、ちょっときつそうです。西地区は今年は優勝しないとポストシーズン進出はなさそう。

つまり、レッドソックス・ヤンキース・ホワイトソックス・インディアンスから3チームがポストシーズンへ進む(つまり1チームが落ちる)ということに絞られてきました。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/182-396f8a05

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Felix, No-hitter を逃すも4勝目!
<< old
テキサスに打ち負け4連敗...
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。