スポンサーサイト対 A's 第2戦観戦記

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-10 / Mariners 観戦記 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-01

051001_field.jpg最終3連戦の第2戦目は、今シーズンなむぞうにたびたび付き合ってくれた友人K氏、それから、ちょうどシアトルにK氏を訪ねてきていた彼の2人の後輩とともに観戦です。Dan Wilson の最終試合・イチローの200本安打から一夜明け、グラウンドにはなんとなくのんびりした雰囲気が漂っていました。

先発は Jeff Harris (SEA) - Joe Blanton (OAK)。

051001_JeffHarris.jpg Jeff Harris は8月下旬に Gil Meche が DL 入りした時にローテーションに加わり、両コーナーを丁寧につくピッチングで好投しましたが、最近はあまりピリッとせず、Gil Meche の復帰とともにブルペンに戻っていました。
しかし、Gil Meche が先発復帰試合で右腕の異常を訴えて降板した後、またローテーションに復帰しています。



今日は初回にいきなり Jason Kendall の四球・Mark Kotsay の左中間2塁打であっさり先制点を許しましたが、その後6回途中まで投げ、結局2安打・自責点1という素晴らしいピッチングでした。

051001_JoeBlanton.jpg Joe Blanton は 24才のルーキーですが、今シーズン前に主戦投手を他チームに放出した後を受けて 11勝12敗・防御率 3.55 という堂々たる数字を残しています(・・体型も堂々としていたけれど)。
負け数が多いですが、彼の投げる試合に限って打線の援護がないという試合が続き、勝ち運に恵まれない時期があったせいだと思います。今シーズンこれが33試合目の先発。これは阪神でも投げていたマット・キーオ(Matt Keough)が1978年に作った記録を抜くルーキー球団記録になります。


3回表:
051001_Betancourt.jpg イチローがこの日2本目のヒットで出た後、Yuniesky Betancourt がレフトオーバーのツーランホームランで逆転。これは彼にとってメジャー初ホームランとなりますが、ベースをまわりながら手をたたいて大喜びしていました (AP photo / Jim Bryant) 。



6回表:
Betancourt の軽率なエラー、つづいて Jose Lopez が連続エラーで1死1・2塁となったところで、George Sherrill がリリーフ。2死後、捕逸で2死2・3塁となり Jay Payton は敬遠。しかし、Dan Johnson を見逃し三振に打ち取りピンチを脱出。

7回表:
2死後、右打者 Marco Scutaro を迎えたところで右の Julio Mateo にスイッチ。これが完全に裏目に出て、Scutaro が右中間へのエンタイトルツーベース・好調 Mark Ellis がレフト前タイムリー。送球の間に Ellis も2塁へ。Jason Kendall がレフト線にタイムリー2塁打であっという間に逆転されてしまいました。

7回裏:
この回から、A's の右のエース・Rich Harden がリリーフ登板。
Jose Lopez が四球・Jaime Bubela がつまりながら左前打で無死1・2塁のチャンス。しかし、ここからが圧巻で、Rene Rivera・イチロー・Betancourt と3者連続三振。98 mph のストレートは当てるのも大変そうでした。

8回裏:
この回も Richie Sexson がライト線へいい当たりの2塁打でチャンスメークをしますが、Beltre 三振・Greg Dobbs が詰まった当たりのサードフライと、ねじ伏せられてしまいました。

9回表:
Matt Thornton が Nick Swisher にヒットで出塁を許すと、こちらも先発からブルペンに回っている Gil Meche がリリーフ。しかしここで Scutaro に痛恨のセンター前タイムリー。2点差となり決定的な一打と思われました。

9回裏:
A's は新人クローザー・Huston Street の登板。1死後、Bubela 四球・Rivera 左前打でバッターはイチロー。この打席、イチローは粘って四球を選び1死満塁となります。次打者・Betancourt がレフト犠牲フライで1点差。ここで Raul Ibanez の打順、しかも3球目に捕逸で2死2・3塁と一打逆転サヨナラのお膳立てが整い、場内の歓声は最高潮に達しました。しかし、4球目を空振り三振。歓声は一気にため息にかわり、試合終了。

このような場面、この2年間はことごとく期待を裏切られているような気がして「あ~あ、またか」という感じでした。終盤にみどころが多いいいゲームであったとは思うけれど...。

球場を出ると、シアトルには珍しい強い雨が降っていました。もう完全に夏も終わり。明日でレギュラーシーズンもおしまいです。さみしい...。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/193-096e9500

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
対 A's 観戦記 ~ We got it ! ~
<< old
対 A's 戦観戦記~イチロー5年連続200本安打達成~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。