スポンサーサイトM's, もらったチャンスを生かせず。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-05 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-01

今日はオークランド3連戦の最終戦を落とし、結局1勝2敗とこのシリーズ負け越してしまいました。
Pineiro (SEA) - Zito (OAK) の若手エース同士の対決で両投手ともよく投げたと思います。
Pineiro はよく投げたと思いますが、打ち取った打球が1塁ベースに当たってヒットになったり、ゴールドグラブ2塁手が太陽で打球を見失ったりして(落とした本人は "Glasses, no glasses, nobody was going to see that one."と言っています。まあ、そうことにしておいてやるか・・)今ひとつ運に恵まれませんでした。でも、Durazo に打たれた逆転タイムリーツーベースについては、チェンジアップが甘いところに入ってしまっていましたが。

Zito は開幕以来勝ち星がありませんでしたが、今日は調子よく Reed, Winn 以外はほぼ完璧に抑えられたという感じです。7回を5安打自責点2という内容でした。前回のセーフコフィールドでの登板でも、初回の乱調・Boone の満塁ホームラン以降は立ち直ってそこそこの投球をしていたので、ある程度予想はしていましたが、それにしてもしっかり抑えられてしまいました。

問題だったのは9回表。A's のクローザー・Dotel が登板しましたが、Ichiro, Winn と連続四球(この間の Ichiro の盗塁はかなり際どいものだったが、まあよしとしよう)。Dotel は昨日もそうでしたが、本来の切れ味が全くなく、それ以上にコントロールに四苦八苦していてどこかおかしいのだろうか?と思わせるほどでした。で、Beltre, Sexson と続くことを考えると、同点はおろか逆転を期待しましたが、結果は最悪でした。ピッチングコーチとキャッチャーの Kendall に一息つかせてもらった Dotel は Beltre を三球三振。Sexson はショートゴロダブルプレー(1塁のタイミングは際どかったけど・・)であっという間に同点にもならずに試合は終わってしまいました。

昨日・今日と、終盤にオークランドのブルペン(特に Dotel)がバタバタしてチャンスをくれているのに、それをものにできないのは歯がゆいかぎり。せっかく波に乗っていくチャンスだったのに・・。

明日からは2ゲーム差となってしまった Angels との3連戦。負け越しは許されません。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/23-3034ad9f

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
男でなければ味わえぬ苦痛について
<< old
流れつかめず疲れだけが残ったゲーム・・・
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。