スポンサーサイト依然くすぶる「イチロー・トレード説」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-11 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-04

以前、イチローをトレードすべきという記事が Tacoma Tribune に掲載されたことを書きました。イチローもここ2年のチームのあり方に嫌気が差していて、トレードを志願するという憶測もありました。しばらくそのあたりの噂は沈静化していたのですが、ベイエリアの新聞 Inside Bay Area にまたその辺りの話が出ています。

それによると
・イチローは負け続けるチームのあり方に嫌気が差して、チームを去りたがっている。
・シアトルのマスコミは、このことを知りながらも、シアトルスポーツを代表するこの選手を怒らせて取材できなくなるのを恐れて、表だった記事にしていない。
(マスコミは、トレードの要望 "request" から要求 "demand" に変わる前にイチローの気が変わることを願っている)
・チームもこの要望を受け入れつつある。

ということです。他の地域の新聞がこういうことをわざわざ書くと言うことは、この噂はかなり信憑性があるような感じがしてきますね・・心配だ。

そこで、サンフランシスコ・ジャイアンツが獲得に動くべきである、という論説が展開されています。理由は以下の通り。

・イチローのプレースタイル(スピード・ディフェンス)はナショナルリーグに向いており、守備力が要求される SBC Park のライトによくフィットする。
・イチローが来ればベイエリアのアジア人社会のヒーローになるであろう。
・イチローが1番に入れば Randy Winn を3番にまわすことができる(おお!)。
・2007年以降、Barry Bonds がいなくなった後の新生ジャイアンツへの橋渡し役となり得る。

個人的にはこの話が現実にならないことを願いたい、とりあえずはそれだけです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/230-5ce167e6

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
松坂大輔のMLB移籍話が再燃?
<< old
わが職場の F-PROJECT
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。