スポンサーサイトWinter shopping 経過報告~左打者編~

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-12 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-09

先発投手とともにもう一つの補強ポイントは左の強打者。左打者に有利な Safeco Field を本拠地にしているマリナーズですが、一発の打てる左打者は Raul Ibanez しかいません。しかし、一言で一発の打てる左打者と言ってもそうそういるものではありません。今年のフリーエージェント市場では Brian Giles (SD), Jeromy Burnitz (CHC), Jacque Jones (MIN) というあたりくらいしかいなかったのですが、先日 Giles はパドレス残留が決定してしまいました。また、マーリンズがコスト削減目的に主力選手を続々放出していった中で、Carlos Delgado も売りに出たのですが、これはメッツにもっていかれました。
また、デビルレイズの Aubrey Huff も獲りに行ったようですが、見返りとして Jose Lopez を要求され成立には至らなかったようです。
マリナーズにはトレードに使える若手の有望株が少ないので、トレードでの獲得合戦になるとどうしても後れを取ってしまいます。

現時点で、マリナーズが獲得に動いていると考えられているのはホワイトソックスからフリーエージェントとなっている Carl Everett。34才のベテランですが、1年か2年契約で、1年当たり $3 - 4 million くらいの条件で、Burnitz, Jones よりも安いというのがいい点です。
Everett の今季の成績は打率.251・23本塁打・87打点、これまでの各シーズンの成績をながめてみると、大体、打率.250-270 程度・15 - 25 本塁打・80 - 100打点といったところが期待値かなと思います。

Everett は外野も守れますが、今季は主に指名打者としてプレーしており、もしマリナーズ入りした場合は Ibanez がレフトに復帰することになりそうです。

それから Everett といえば、素行の悪さで有名な選手です。これまでマリナーズといえば、John Olerud, Edgar Martinez, Dan Wilson に代表されるように、人間的にもできた選手が多いというイメージがあったのですが、Everett の加入によって、これまでと違う何かがチームにもたらされるかもしれません。
スポンサーサイト

Comment

Sちゃん : 2005-12-12(Mon) 13:14 URL edit
たしかEverettがRed Soxにいたときだと思いますが、彼がMoyerに対してかなりの悪態をついたのを覚えています。あきらかに故意ではない死球に対する報復だったと思いますが、とても大人気ないものでした。お買い得かもしれないけれど、個人的にはMarinersには取ってほしくないなあ。
なむぞう : 2005-12-13(Tue) 00:34 URL edit
確かに従来のマリナーズのイメージには合わないですね。今年は Ozzie Guillen だったから彼を操縦できたのかも。
Child abuse 疑惑もあって、ダーティーなイメージは払拭できていませんね。でも、最近は大人になった(?)という噂もあり、ダーティーな選手を嫌うマリナーズ経営陣も獲得に許可を出しているみたいです。
Sちゃん : 2005-12-13(Tue) 16:52 URL edit
そっか。確かに使える選手なので、丸くなっているといいね。

Manny Ramirez がトレード希望先としてマリナーズを挙げているという記事を読んだのだけど、なむぞうさんは何か情報持ってますか?でも、彼の給料は払えないよね・・。

なむぞう : 2005-12-13(Tue) 22:34 URL edit
新聞報道を見ていると、マリナーズが Jeromy Burnitz や Jacque Jones から撤退しつつあるようで、Carl Everett と合意間近のようだ、とのこと。
条件は1年$ 4 million といったところのようです。確かにマリナーズのイメージにはあわないけど、もしかするとだらけきってしまっているマリナーズのクラブハウスの雰囲気に緊張感を与えてくれるかもしれません(希望的観測)。

Manny の噂、ちょっと前にあったね。本人がエンジェルスかマリナーズでのプレーを希望しているというものでした。
しかし、
(1) 残り3年で $57 million の巨額の契約
(2) レッドソックスが要求するであろう交換要員(Felix Hernandez, Yuniesky Betancourt, Jeremy Reed, Jose Lopez など)はとても出せない。
(3) 右打者が多く、左打者を探しているマリナーズには fit しない。
(4) Manny の守備力に不安あり。
という理由で、マリナーズが積極的に獲得に動くことは出来ないだろうと思われているうちに、いつの間にかこの話は全く聞こえなくなりました。

今は Manny <=> Miguel Tejada, もしくはこの2者の間にメッツが介在した三角トレードの噂が出ていますよ。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/245-1cff83dc

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
問題児・Carl Everett を獲得
<< old
Winter shopping 経過報告~先発投手編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。