スポンサーサイトSeahawks, Super Bowl 制覇ならず...

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-02 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-07

これは基本的に野球ブログなのですがね。また NFL ネタです。

Super Bowl XL, Seattle Seahawks 初の Super Bowl は何を言っても後の祭りですが、かなり残念な試合になってしまいました。
試合前のファンの予想では6-4で Steelers が勝つと予測する人が多かったのですが、今季ずっと好調を維持している Seahawks が負けるわけがないと思っていました(今考えてみれば、単なる希望的観測、ファンの欲目だったのですが)。

実際、Seahawks はよく攻めていました。

ボール支配時間:Seattle 33.02 - 26:58 Pittburgh
1st down 数:Seattle 20 - 14 Pittsburgh
総獲得ヤード:Seattle 396 - 339 Pittsburgh
パス獲得ヤード:Seattle 259 - 158 Pittsburgh
ラン獲得ヤード:Pittsburgh 181 - 137 Seattle

それでも負けた。

1st Quarter は Darrell Jackson をターゲットにするパスが次々に決まって、一方、ディフェンスも相手にファーストダウンすら許さずに、優勢に試合を進めていました。

この調子なら本当に勝つかも、と期待はふくらみます。

しかし・・Darrell Jackson へのタッチダウンパスが決まった!と喜んだ瞬間、pass interference で幻に。しかし、Jackson が腕で相手ディフェンスに触れたのは事実としても、反則をとるほどのものではないというのが大方の見方のようです。ABC の解説者も「これは bad call, タッチダウンだ」と言っていました。

逆に2nd Quarter, Ben Roethlisberger のダイブはボールがエンドゾーンに入っていたか際どかったが判定はタッチダウン。これも 3rd down からの攻撃だったので、判定によっては field goal の3点で住んだかも。

この間、ケガで Marquand Manuel らが抜けたせいか、立ち上がり鉄壁だったディフェンスもほころびを見せ始め、Willie Parker に 75ヤードを走られタッチダウンを許すなど、更にリードを許しています。それでも、3rd quarter にもっと点差を広げられてしまいそうな展開をインターセプトでしのぎ、逆にこのゲーム唯一のタッチダウンで 10-14 と食らいついてはいました。

Seahawks には 4th Quarter にもう一度非常の判定が・・。
Hasselbeck => Jerramy Stevens のパスが通り、4点差で 1st down & 1 、逆転の大チャンスと思った瞬間、Sean Locklear のプレーがホールディングと判定され、一瞬にして遙かに脱退させられてしまいます。この直後、Hasselbeck のパスがインターセプトされ、そのドライブで Steelers のトリックプレーで痛い3つ目のタッチダウンを奪われ、つかみかけた試合の流れは遙か彼方へ消えてしまいました。

判定ミス、といえば、今年の MLB のプレーオフでも判定ミスが大きな話題になりました。プレー自体よりも藩邸に注目が行ってしまうのはファンにとっても選手にとっても不幸なこと。とても残念です。

FOX のオンラインアンケートでも、今年のスーパーボールで何が記憶に残ったか、という質問に対して多くのファンが "Questionable calls" を挙げています。

Questionable calls: 59 %
Steelers' trick play TD: 18 %
Jerome Bettis finally winning: 14 %
Willie Parker's TD run: 4 %
Rolling Stones at halftime: 3 %
Seahawks' struggles: 2 %

でも、判定ミスだけでなく、Jerramy Stevens は大事なところでキャッチミスをしたし、チーム全体としても大事なところで反則を犯したし、最後のインターセプトも Hasselbeck のパスミスと思われます。
つまり、今シーズンの Seahawks ではなかったということ。

Seattle Times の見出しのように "Not This Year" でしたが、来年には何とか制覇してもらいたいものです。
Shaun Alexander の再契約問題が残っていて、一説には signing bonus (再契約金)として $20 million が必要とのことですが、何とか残ってくれるよう祈るばかりです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/278-658981d6

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
マリナーズ、石井弘寿獲り??
<< old
single-game tickets
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。