スポンサーサイト日本代表、判定に泣く・・

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-03 / WBC > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-13

トリノオリンピックでは早起きしなかった私なむぞうも、さすがに World Baseball Classic は見ないわけにはいきません。
今日の中継は日本テレビ系列で放送され、船越アナの絶叫に辟易しながら見ていました。また、映像が日本向けのものと ESPN の画像のミックスで、スイッチがうまくいかない部分が多く、見ていてちょっとイライラしました。

まあ、それはさておき。今日は2次リーグ初戦、アメリカ対日本の対戦でした。

アメリカのスタメンは
2B Michael Young
SS Derek Jeter
CF Ken Griffey Jr.
DH Alex Rodriguez
3B Chipper Jones
1B Derrek Lee
C Brian Schneider
RF Vernon Wells
LF Randy Winn
P Jake Peavy

という錚々たる顔ぶれ。ジグザグ打線を組むという意図があったのでしょうが、それでも6番 Derrek Lee, 8番 Vernon Wells というのは贅沢な打線です。
名前だけ見れば勝ち目はなさそうに思うのですが、そうは簡単にいかないのが野球の面白いところです。特に春先、シーズン前のこの時期ではシーズン中のようなパフォーマンスの出来ない選手も多いと思われ、まだ日本にとってはつけ込む隙があるものと思われました。

初回、イチローがいきなり先頭打者ホームラン!
景気づけの一発として、狙ったのかな?という気がします。おかげで日本チームは前向きな精神状態でゲームに入れたのではないのでしょうか。

2回は2死2・3塁から川崎宗則が巧い流し打ち・レフト前タイムリーで3-0とリードを広げ、いい流れをつかみます。

先発の上原は、彼本来の出来ではなさそうに見えましたが、バックの好守もあって5回まで Chipper Jones のセンターへのソロホームランの1点に抑え、エースの責任を果たしました。

6回から登板した清水直行はボールが抜け加減(ボールがすべるらしい)、制球に苦しんでいるところをつかまり、Derrek Lee に同点ツーランを左中間へ運ばれてしまいました。

そして問題の8回表。リリーフの Joe Nathan が別人のように精彩を欠き、1死満塁のチャンスでバッター・岩村。岩村はレフトへ浅いフライを打ち上げ、3塁走者の西岡がタッチアップ。レフトは弱肩の Randy Winn ということで、勝ち越しのホームイン・・と思われました。しかし・・最短距離で見ていた2塁塁審が認めたタッチアップを主審が離塁が早すぎると判定を覆し、値千金の勝ち越し点が幻に終わってしまいました。こんな形で判定が覆るのは稀なこと。しかもESPN のリプレイでも正しく離塁をしていたように見え、誤った方向に判定が変わったことになります。悔やむに悔やみきれないミスジャッジとなりました。

9回表も、やはりキレ・コントロールを欠いていた Brad Lidge から2死満塁のチャンス。しかし、3番の多村がスライダーを空振り三振で万事休す。

そしてその裏に、藤川から Vernon Wells のヒット・Randy Winn の送りバントとセカンド西岡のエラー・Derek Jeter の死球などで1死満塁。Ken Griffey Jr. は三振にとったものの、この試合ブレーキとなってくれていた A-Rod が最後に二遊間へのサヨナラタイムリー・・・。

日本側から見ると、8回の判定が覆ったことが大きなポイントとなってしまいました。昨年のワールドシリーズ、先日のスーパーボウルもそうでしたが、判定の要素で流れが変わってしまうことが頻発しているのは非常に残念なことです。

まあ、でもこの試合、アウェイ・慣れないグラウンド・強行日程・時差・気候の違いなどなど、日本チームには不利な条件ばかりでかなり不公平な感じがしていましたが、そのわりにはよく戦ったと思います。一方、アメリカチームは、やはり未だ調整中という感じで、特にブルペン陣は普通はあんなものではないはずです。

今日の試合は非常に後味の悪さが残りましたが、次の試合以降、日本チームにはまだまだチャンスがあります。メキシコ・韓国に勝って準決勝・決勝へと進めるよう祈りましょう。
スポンサーサイト

Comment

Sちゃん : 2006-03-14(Tue) 10:56 URL edit
初めてのことだから、いろいろと問題が出てくるだろうとは思っていたけど・・。まさか、記念すべき、日本とアメリカの初のガチンコ勝負があんなことに左右されるとは・・。やはり、メジャーの審判とWBCとの交渉が決裂したのは痛かったですね。あのタッチアップのみならず、ストライクの判定でも随分とInconsistentだったように思います。

ワールドカップ・サッカーも審判の問題では苦労してますよね。質の高い審判を集めるとどうしてもヨーロッパ人ばかりになってしまう。そうなると、非ヨーロッパの国々に不利。かといって、無理に平等にすると、クオリティが落ちてしまう。審判買収の噂も絶えないし・・
。ビデオ判定を導入しても、先日のスーパーボウルのように、結局、最後は審判に権限があるし・・。仮に昨日の試合にビデオ判定があっても、結果は同じだったでしょうね。この問題は、これからWBCが回を重ねたところで、永遠に続くような気もします。
なむぞう : 2006-03-17(Fri) 01:10 URL edit
ワールドシリーズやスーパーボウルも審判の判定に左右されてしまったのだから、WBC でこういうことが起こるのも仕方がない・・のかもしれません。

今日のプエルトリコーキューバ戦もずいぶん地元プエルトリコ寄りの判定があったらしいけれど、それにもかかわらずキューバは勝ち上がりました。日本もキューバのように、逆境を跳ね返していればかっこよかったけどね。

まあ、でも今回のことで、野球が worldwide なスポーツになるためには、世界中で同じような規格で優秀な審判を養成する必要性があることがわかりましたね。これは非常に実現の難しそうな課題ではあるけれど。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/283-d8824e94

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Pool 2 は?
<< old
World Baseball Classic, 各国の動向は?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。