スポンサーサイト負けた・・

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-03 / WBC > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-16

ホント、残念です。
World Baseball Classic 2次リーグ、準決勝進出を賭けて韓国と戦った日本代表は1-2で敗れてしまいました。日本時間で正午試合開始だったこの試合、なむぞうはなぜか(?)試合終了までずっとテレビ観戦することが出来ました。
先発の渡辺俊介は持ち前の投球で韓国打線を翻弄していたし、韓国先発のパク・チャンホも最近にない好投で息詰まる投手戦になりました。

2回の裏に2死2塁から里崎がライト前ヒット、しかし2塁走者の岩村は本塁突入時に太ももの裏を傷めたせいか、ライトからの返球でタッチアウト、惜しい好機を逸しました。

6回裏、2死1・2塁の好機に松中の打球は痛烈でしたがセカンド正面。押しながらも得点できずにちょっとイヤな感じがしました。

そして8回表、1死からの打者の打球はライトファールグラウンド脇の観客席へ。イチローが観客と競り合ってジャンピングキャッチにいきますが捕れず。この直後、守備位置に戻りかけたイチローは観客の挑発に乗り、スタンドに向かって何か叫んでいました。まるで Gary Sheffield みたいだ・・。こんなイチローは初めて見ましたね。
結局この打者は四球。次打者の中前打で1塁走者は3塁を狙い、センター・金城から3塁への返球で完全にアウトのタイミング、これを岩村の後にサードに入った今江が落球したため、2死1塁のはずが1死2・3塁になってしまいました。ここで交代した藤川からイ・ジョンボムが左中間2塁打(本人は3塁タッチアウト)で2点を先制され、これが決勝点になってしまいました。

9回裏の日本、西岡のソロホームランで1点差とした後、松中のヒットで何とかつなぎましたが、新井・多村が連続三振で万事休す。新井は出番に恵まれていなかったせいか、スイングに鋭さが感じられず、真ん中高めの球をあっけなく空振り三振。多村は大きなファールを放ちましたが、最後は真ん中直球を空振り三振し、みんなのため息を呼びました。

結局、日本は押し気味に試合を進めながら8回という大事なイニングでワンチャンスをものにされて敗れてしまいました。
試合終了時ベンチ内でイチローがまたも悔しまぎれに何事か叫んでいました。

グラウンドでは韓国ナインがまるで優勝したかのような騒ぎ。このいわゆるビクトリーランを見てどう思ったか?という質問にイチローは「不愉快でした」と。この正直者!

やっぱり、自分が中心となって日本という国を背負って戦うということに並々ならぬ気合いを持って臨んでいただろうに、このような形で終わってしまいそうなのはとても残念だったと思います「僕の野球人生で最も屈辱的な日」というのは彼がどれだけの気合いでもってこの大会に臨んでいたかということを示していると思います。

もしこれで本当に終わってしまったら・・・イチローはどのように切り替え、どのようにレギュラーシーズンに入っていくのか、ちょっと心配です。

明日のアメリカーメキシコ戦、世間ではすっかりアメリカ勝利という予想が幅をきかせている中、明日のメキシコの先発は、パイレーツのエース・Oliver Perez。メキシコに頑張ってもらおうではありませんか。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/285-7a5e09ba

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Semifinal だ!
<< old
Pool 2 は?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。