スポンサーサイトFantasy Baseball - Draft

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-03 / ファンタジーベースボール > This Entry [com : 3][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-20

ファンタジーベースボールというゲーム、皆さんはご存知でしょうか?
インターネット上で架空のチームを作ってリーグ戦を戦うゲームなのですが、実際にプレイしている選手のカテゴリー別のデータを基にして(打者だったら得点・打点・ホームラン・盗塁、など)勝ち負けを競うものです。参加者はいわば General Manager のようなもので、各カテゴリーでよりよい成績が得られるように選手の補強や起用をうまく行うことが要求されます。1週間ごとに別のチームと1対1で対戦したり、シーズンを通しての通算成績で競ったり、あるいはチームを構成するときに選手の給料が決まっていて「サラリーキャップ制」を導入しているものもあります。
アメリカではこのゲーム、結構人気があって、Yahoo!, ESPN, MLB.com.などなどいろいろなサイトがこのゲームを運営しています。

僕は 2004 年から Yahoo! のこのゲームに参加していて、昨年はシアトルでの同僚とともに参加し、最後はこの2人でプレーオフ決勝戦を戦い、うちのチームは残念ながら敗れて2位となりました。ちなみに Yahoo! は無料であり、純粋に勝ち負けを競うだけで、賞金・賞品といったものはありません。

このゲームをしていると、自分のチームに所属しているプレーヤーの成績をチェックしたり情報収集しますので、自然と MLB 全体の動向がよくわかるようになります。

シーズンも目の前に迫ったこの土曜日の深夜に、今年のリーグでのドラフトがありました。
我々のリーグは12チームが参加し、1チーム21選手(DH を含む各ポジションプレーヤー計9人・先発投手2人・リリーフ投手2人・その他投手3人・控え選手5人)を完全ウェーバー性で指名していきます。
指名順はランダムに割り当てられます。昨年は指名順1位だったため、Vladimir Guerrero を獲得できましたが、今年は8位。

順番に A-Rod, Albert Pujols, Guerrero, Johan Santana...と指名され、我々はドラフト1位で Derrek Lee を獲得しました。2位で待望の Michael Young, 3位でクローザー・Francisco Rodriguez を指名、結局以下のような布陣になりました。

キャッチャー:Rod Barajas (レンジャーズ)
ファースト:Derrek Lee (カブス)
セカンド:Mark Ellis (アスレティックス)
サード:Morgan Ensberg (アストロズ)
ショート:Michael Young (レンジャーズ)
外野:Brian Giles (パドレス)
外野:Aubrey Huff (デビルレイズ)
外野:J.D. Drew (ドジャース)
DH: Moises Alou (ジャイアンツ)
控え:Placido Polanco (タイガース)
控え:Corey Patterson (オリオールズ)

先発:Carlos Zamprano (カブス)
先発:Felix Hernandez (マリナーズ)
先発:Doug Davis (ブリュワーズ)
先発:Tim Hudson (ブレーブス)
先発:Jorge Sosa (ブレーブス)
リリーフ:Francisco Rodriguez (エンジェルス)
リリーフ:Huston Street (アスレティックス)
リリーフ:Derrick Turnbow (ブリュワーズ)
リリーフ:Justin Duchscherer (アスレティックス)

打線については、迫力という点では他のチームに少し劣るものの打率・確実性という点ではなかなか良いメンバーだと思います。オリオールズに移った Corey Patterson が昨年の大不振から脱してくれれば、面白いのですが。
外野で松井か Gary Sheffield の獲得を狙っていたのですが、うまく行かず、残念です。

投手陣は、期待の Felix を含めて若手が期待通りの働きをしてくれれば・・というところです。
本当は Rich Harden あたりも獲得したかったのですが、目前で他チームにさらわれてしまい、残念でした。

シーズン中、いかに選手をうまく入れ替えていけるかがカギとなりそうです。
スポンサーサイト

Comment

M : 2006-03-22(Wed) 15:16 URL edit
Fantasy basell ball、私も今年から始めることにしました。先日、ドラフトを終えて、自分のチームのメンバーが決まりました。とある友達からの魔の誘いに乗って始めたのですが、いざ自分のチームを手に入れると、とてもわくわくして、開幕まで待ちきれません。

初心者の私に、なむぞうさんからちょっとアドバイスを頂けないでしょうか?実はいまトレードの打診を受けています。当方の Mi. Cabrera (3B,OF)を Closer and/or starting pictcher と交換してほしいらしいのです。実際に誰になるのかはまだ不明で、現在打診中です。交渉相手のピッチャーは…

R. Harden, D. Haren, J. Nathan, J.Valverde, F. Cordero, M. Mulder, R. Dempster, J. Bonderman, D. Cabrera, M. Gozarez。

Cabrera はきっと近い将来 Pujols のような存在になると信じています。しかし、今年は昨年ほどの数字は残せないかもしれません。ご存知のように、Marlins は高年俸の主力級をどんどん放出しました。そのため、今年はまともに勝負してもらえる機会が減るでしょう。打撃フォームを崩してしまうことも十分考えられます。そう考えると、今が売り時のような気もします。なむぞうさんなら、どうしますか?ご意見、お聞かせください。
なむぞう : 2006-03-22(Wed) 23:36 URL edit
M#さん、こんにちは。
M# さんのリーグの条件がわからないので、うちのリーグと同様であると仮定してお答えします。

Miguel Cabrera はきっと1巡目で指名されたのですよね?
Cabrera は非常に若くてまだ成長過程であるという upside もある一方で、ご指摘の通り今年のフロリダ打線では前後の打者による protection が弱くなることが予想されるという downside があります。また、少し三振が多いのも気になります。
もし他にホームラン・打点を稼げる打者が何人かいるなら強気に trade talk をしかける手もありそうです。

見たところ、1対1で釣り合う相手はいないと思われます。Harden, Nathan あたりはいい選手なので、Rich Harden + Francisco Cordero または Joe Nathan + Daniel Cabrera または Harden or Nathan + 相手の三塁手または外野手のうちの誰か(Cabrera の穴を埋める)ということで要求してみてはいかがでしょう。クローザーは全部で 30人しかいないですし、シーズン途中で獲得することも難しいので貴重です。相手はクローザーを5人も持っているので、1人くらいはもらってもいいかもしれません。

こんなあたりで参考になりますか?
M : 2006-03-24(Fri) 13:40 URL edit
アドバイス、どうもありがとうございます。交渉時の目安として、参考にさせて頂きます。早くシーズン始まらないかなあ。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/289-3c39e22e

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
第1回 WBCを日本が制覇!!!
<< old
韓国に勝ったあー!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。