スポンサーサイト第1回 WBCを日本が制覇!!!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-03 / WBC > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-21

第1回の World Baseball Classic, なんと日本代表が見事に栄冠に輝きました。おめでとう、王ジャパン!

決勝の相手は、優勝候補本命のドミニカを破って勝ち上がってきたアマチュア世界王者のキューバでした。戦前の予想では決勝の組み合わせはアメリカ対ドミニカになるだろうと予想されていましたが、そうならないところが野球の面白いところですね。
正直なところ、WBC の開催が発表されてから一昨日までは、日本チームが優勝できるとは思っていませんでした。

今日の試合はこれまでとは一転、点の取り合いになりました。
初回に日本は相手投手の乱調に乗じて2点、そして今江が2死満塁からきれいなセンター返しの2点タイムリーで一気に4点先制。

先発の松坂は先頭打者に甘いスライダーをレフトスタンドへ運ばれ、すぐに3点差に詰められてしまいました。

5回にはイチローのレフト線2塁打を皮切りに、多村の3塁内野安打で1点。3塁走者のイチロー、ベース際の強い打球だったのに本塁突入、これがサードの動揺を呼んだのかもしれません。そして、小笠原のレフト犠牲フライで松中がホームイン、これで6-1。普通なら楽勝ペースと思われるところですが、解説の野村謙二郎が再三放送中に主張していたように、キューバには集中打があり、いくらリードしていてもこわいチーム。
6回に、これまで何度も好守をみせていた川崎宗則のエラーを契機に2点を取られて3点差。
8回には藤田からセベダがレフトオーバーの2ランで一気に1点差に迫られました。後半に来て、守備にほころびが見え始め、5点差から1点差まで詰められるというイヤな展開。

しかし、9回表、イチローの右前タイムリー・川崎がうまいスライディングで値千金の追加点(主審もよく見ていてくれた!)。松中が続いた後、一昨日のヒーロー・代打福留が見事な流し打ちで2点追加。そして、小笠原が犠牲フライで松中が激走ホームインで10-5。

9回裏は大塚晶則が2塁打・ショート内野安打で1点を失ったものの最後の打者を得意のスライダーで空振り三振、この瞬間に本当に日本チームが世界の頂点に立ちました!

昭和9年にベーブルース擁する全米オールスターにほとんど刃が立たなかった(草薙球場での沢村の快投をのぞく)全日本選抜を母体にできた日本プロ野球。とうとう72年後にプロチームとして世界で優勝を果たしました。

この大会、日本の選手達は、野球において投手を含めた守りとチームプレーの大切さを印象づけてくれたと思います。同じことが6勝1敗で終了した韓国にも言えますね。日本だけでなくアジアの野球界に大きな自信になったのではないかと思います。

様々な問題を抱えて出発した World Baseball Classic, 不備が多く問題が山積し、おそらくホスト国・アメリカ国内でも関心は今ひとつなのではないかと思うのですが、これから諸問題を解決して国際的に大変重要な大会に育っていって欲しいですね。
スポンサーサイト

Comment

aoi : 2006-03-21(Tue) 23:51 URL edit
大会は本当に課題が山積みだけど今後も続けて欲しいですね。
また勝ちたいし!笑
イチロー、シーズンも頑張って欲しいですね。
今日はとても嬉しかったです。
なむぞう : 2006-03-22(Wed) 00:46 URL edit
きっと、いい大会になっていくだろうと思います。各選手たちの一丸となった気合いの入ったプレーは最高でした。

個人的にはやっぱりイチロー。シアトルにいたときにも楽しませてもらいましたが、またしても力をもらったような気がします。
マリナーズは王ジャパンほどいいチームではないかもしれないけれど、今度はシーズンで頑張って欲しいです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/290-c5acfe07

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
WBC 決勝戦雑感
<< old
Fantasy Baseball - Draft
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。