スポンサーサイトいよいよ開幕!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-04 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 1]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-04

わがマリナーズも本日(現地 4/3)シーズン開幕。今朝は5時半起きでテレビ観戦です。
副音声は Dave Niehaus & Rick Rizz の中継なのでこちらで聞こうと思っていたら、主音声では "Shiggy" 長谷川が解説をしていて、これがなかなか面白い。さすがに現場でやっていた(しかも両チームで)こともあり聞いていて勉強になります。

中継は開幕セレモニーから入りました。昨年までのマリナーズ選手・スタッフの入場はライト外野席下から赤じゅうたんの上を入場、というスタイルだったけれど、今年はシンプルにベンチからの入場でした。あれ、いつの間にか Felix の背番号が 34 になってる!敬愛する先輩・Freddy Garcia の背番号をもらって本人も嬉しいことでしょう。

あとは NFL・Seattle Seahawks の QB・Matt Hasselbeck の始球式。ボールは違えどさすがにすばらしい投球でした。

ゲームは初回にいきなり "free swinger" Vladimir Guerrero に外角低めのボール球(?)を左中間最深部に運ばれて先制されました。今年も Guerrero はやりそうです。

そして1点追加され0-3で迎えた5回裏、第2打席の城島は流し打ってライトオーバーのホームラン!
第1打席でもいい当たりをしていたので期待していたのですが、まさかホームラン、それもライトへのホームランとは恐れ入りました。これでシアトルのファンの期待度もアップするでしょう。

城島のホームランをきっかけに、Reed の左中間2塁打など4連打で一気に同点に追いつき「おっ?今年はやるな」と思わされました。

しかし、6回裏に更にエンジェルス先発の Bartolo Colon を攻めて無死満塁のチャンスを作ったのに、リリーフJ.C. Romero(ミネソタからいつの間にか移籍していた!)から1点も取ることが出来ず。やっぱり決め手に欠けるところは去年と同じ・・とがっかりさせられます。

マリナーズは先発の Jamie Moyer がさすがにシーズンに入ったらちゃんと試合を作りました(得意の Safeco Field だし・・)。

Rafael Soriano - George Sherrill とつないで9回表。
例によって(?)先頭打者を歩かせ送りバントで1死2塁。
ここで、ここ一番に弱い J.J. Putz 登場。Tim Salmon は討ち取ったものの、Chone Figgins に四球、そして Orlando Cabrera に痛恨の2点タイムリーを打たれてしまいました。
今年もセットアップを J.J.Putz で行くの??という感じですねえ。
J.J. は今年のスプリングトレーニングでは無失点だったので、それを買われたのかもしれませんが。

その裏、今度はペタジーニがソロホームラン!
スプリングトレーニングでの好調をキープしているようで、地元ファンの間からは早くも Carl Everett の代わりにペタジーニを DH に!という声も出てきています。

結局この試合、これで終了(4-5)。
やはり試合の分かれ目は6回裏の逸機でしょうか。いい試合になったのはよかったけれども、結局はものにできなかったあたりは去年を思い出させるところ・・。Romero-Shields-K-Rod とつないだエンジェルスに比べ、マリナーズのブルペンはまだまだ不安です。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/302-fb925e4d

今日のMLB 4月4日

今日は日本人選手が大活躍しましたね~ ...

The Picks of the WEST DIVISION : 2006-04-05 16:14

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
守りでも楽しみな城島
<< old
2006年シーズン・テレビ観戦は?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。