スポンサーサイト5連敗・やっぱり脆かった・・

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-09

今日からは、今シーズン突如として強くなったデトロイト・タイガースとの3連戦。初戦はやっぱり1-6の完敗で、これで5連敗となりました。
いつも書いていますが、調子が良くないときにズルズルと負けるのが弱いチーム、決して大きな連敗をしないのが強いチーム。
やっぱりマリナーズはこの程度のチームなのでしょう。サンスポの記事(共同電)によると、城島が先発投手の Joel Pineiro に苦言を呈した模様。

マリナーズは足を絡めた攻めでタイガースに主導権を握られた。一回の先制、五回の中押しは、ともに二盗を決めた走者が生還したものだったが、先発ピネイロは無警戒。城島は「あれを刺せる捕手がいたら見てみたい」。試合後は、珍しく味方投手に厳しいコメントが続いた。

ピネイロは経験豊富で、クイックモーションができないわけではない。「チームの決め事としてやらないといけない」と、女房役は歯がゆくて仕方がない様子だった。(共同)



このあたり、チーム全体が緩んできているあらわれなのでしょうか。そういうことに対して、いうべきことはしっかり言っていくことはキャッチャーとして重要なこと。城島も最近のチーム状況にはフラストレーションもたまっているはずですが、何とかうまくピッチャーたちを引っ張っていってもらいたいものです。

Eddie や Carl Everett が首脳陣への不満をあからさまにして、チーム全体ががたついているような今、何とか立て直しをしてもらわなくては。そうでないと結末はやっぱり3年連続の・・・となってしまいそう。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/376-87346e92

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ペタジーニが「戦力外」に・・
<< old
Eddie の交換要員はこんな選手でした・・
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。