スポンサーサイトペタジーニが「戦力外」に・・

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-09

ペタジーニが designated for assignment, いわゆる戦力外通告を受けました。
これから10日間のうちに、トレードまたはウェーバーにかけられ、ウェーバー期間を過ぎて他チームから獲得の申し入れがない場合、マイナー行きとすることができるのですが、果たしてどうなるのか、今のところまだ情報はありません。今日の試合は終盤だけテレビ観戦しました。3回に Betancourt のまずいプレーで1点のリードを許した後、追いつくチャンスは何回かあったのにものにすることができず、6連敗。

そんな中、9回裏に Bloomquist の代打でペタジーニが出てきました。
これを最後に DFA となるとは・・・。
打球はセンター後方への大きな当たりでしたが、バックスクリーンには届かず、warning track で捕球されてしまいました。

スプリングトレーニング終盤~開幕直後にかけて、好調な打撃で25人ロースター入りを果たし、代打の切り札として期待されましたが、何と言っても出場機会に恵まれなかった。チーム88試合でわずか27打数5安打1本塁打という成績でした。
DH のあるアメリカンリーグでは代打の機会は多くはないのですが、それにしても、Betancourt など下位打線が結構打っていたマリナーズ打線。本音を言えば、さっぱりの Carl Everett 当たりに代打を出したかったのですが、プライドも給料も高い「中軸打者」にはそのようなわけにもいきません。そのようなわけで、余計に代打機会の少なかったのはペタジーニにとって不運でした。

選球眼もよく、パワーもある。年齢的な衰えや膝の故障の影響はあっても、日本では松井秀喜のライバルだったペタジーニだから、打席に立てばそれなりに数字は残すと思うのだけど・・。

マリナーズがそのようなチャンスを十分与えることができなかったこと、とても残念です。次のチャンスを狙って頑張ってもらいたい、それだけです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/377-7deaa49b

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ホッと一息
<< old
5連敗・やっぱり脆かった・・
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。