スポンサーサイトEverett => Broussardで打線強化

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-27

ここしばらく、ファンの間でも「何のために起用されているの??」と不思議がられていた Carl Everett がいわゆる戦力外通告(DFA)となり、一方で、インディアンスのファースト・Ben Broussard をトレードで獲得しました。

先日マリナーズにやってきた Eduardo Perez と Broussard はインディアンスでもツープラトーンの名コンビでしたが、マリナーズでも DH でこのコンビが復活ということになりそうです。

Broussard は今季、打率.322・出塁率.363・長打率.523・本塁打13・打点46という好成績で、特に右投手相手に.360 と良く打っています。
一方の Perez は左投手相手に .323 というアベレージを残しているのですから、この二人を相手投手によって使い分ければ DH からの得点力の大幅アップが期待できます。とりわけ、Carl Everett が打率.227、特に6月以降は1割台の低打率で打線の穴になっていたことを思えば・・。

仮に彼らが Everett と同じ6番に入るとすると、その後の城島・Betancourt がともに3割前後まで打率を上げてきているので、打線のつながりが格段によくなるでしょう。

とにかく「楽しみ」の一言です。

一方、Broussard との交換でインディアンスに移ることになる Shin-Soo Choo(秋信守)。きれいなスイングで将来の成長を楽しみにしていたので、ちょっと残念。昨年、彼のメジャー初ヒットを生で見ているのでなおさら、期待していたのですが。
メジャーでレギュラーをとるには守備力がまだまだだと思うので、そのあたりを改善して何とか芽を出してもらいたいと思っています。

Everett については、Bavasi GM がそのクラブハウスでの存在感・リーダーシップを褒め称えていましたが、マリナーズの森本トレーナーのブログによると「時にはしゃべりすぎて周りに不愉快な思いをさせたり、チームにとってネガティブな発言を繰り返す」選手として、その放出はチームをまとめる効果をもたらすかもしれないとのことでした。
ホワイトソックスでは中心選手としてワールドシリーズ制覇に大きく貢献した選手だったけれど、一部で心配されていたとおり、マリナーズの雰囲気にはなじまなかったのかもしれない、そんな気がします。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/384-338f8b54

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
4カード連続勝ち越し+いよいよ showdown!
<< old
佐々木がシアトルに出没
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。