スポンサーサイトTerrible Deal

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-12 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-07

Bill Bavasi は本当にチームを強くしようとしているんだろうか?
この問いは、マリナーズファンがここ3年に渡っていつも問い続けてきたものですが、今日のニュースには本当にがっかりさせられました。まず初めに、補強の本命と見られていたジャイアンツの Jason Schmidt。
彼は3年$47 M の条件でドジャースにさらわれました。
ジャイアンツ残留か、ホームタウンに近いシアトルへの移籍か、と思われていたところへドジャースとカージナルスが参戦。
報道によると、マリナーズは4年契約を提示したにもかかわらずドジャースに負けてしまったようです。どうしてだろう?

これも報道によると、価格と人脈(ドジャースの GM, トレーナーは Schmidt と長いつながりがあり、彼が信頼を寄せている)と同一リーグ、というのが決め手だった可能性あり、とのこと。

これで、ヤケになった、というわけでもないのだろうけれど、Bavasi はとうとうやらかしてしまった・・・。
それが Horacio Ramirez (ATL) - Rafael Soriano のトレード。

この記事を目にした瞬間、僕は目を疑い、何か裏があるんだろうと思って記事をよく読んでみましたが、どうやらこれも本当の話。

故障が多く昨年は14試合の登板で5勝5敗・ERA 4.48 に終わった平凡な先発投手を獲得するために、故障持ちではあるけれどもリーグ屈指のセットアッパーを放出するとは・・。
Soriano を出すんだったら、もっといい投手を獲れたんじゃないか??そんな考えが頭から離れません。

それでも、マリナーズにとって何かいい面があるのかな?と思って地元ファンのブログなどを見てみても、ブーイングの嵐だけで何もいい話はなし。

なんか、来年へ向けてのひそかな期待感がこの時期早くも、そして急にしぼんでしまった感じ。

今日一日でフリーエージェント市場からは Schmidt, Ted Lilly (Cubs が4年$40M で獲得)が消え、トレード戦線では Freddy Garcia のフィリーズ移籍が決まり、マリナーズ復帰はなくなりました(まあ、本当に帰ってくるとは思えなかったけれども・・)。

ホント、マリナーズはどうなってしまうんだ?
スポンサーサイト

Comment

シーホークス : 2006-12-08(Fri) 11:20 URL edit
なむぞうさんはじめまして。

私もこのトレードを最初聞いたときは、冗談だと思いました。しかし本当に成立してしまうとは・・全くありえない。

そもそもバベジは補強ポイントを勘違いしている。マリナーズがほしいのは、一流の先発投手であり中途半端な先発など必要ないのです。しかもその獲得のために、ソリアーノを出すなどもってのほか。

確かに先発投手が欲しいのは、理解できます。ですがこれでは、マイナスの方が大きいですよ。

そして、今回のことで確信しました。前からバベジは無能だとは思っていましたが、このままではマリナーズは本当に駄目になってしまいます。手遅れにならないうちに即刻解任した方がいいでしょう。

なむぞう : 2006-12-08(Fri) 15:20 URL edit
シーホークスさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
Ramirez - Soriano のトレードは正式に決まってしまったようで、本当にヘナヘナと力が抜けた感じです。

この後に Sexson などが含まれるより大きなトレードがあって、均衡がとれるようになる、という見方もあるのですが、そうでない限り、Bevasi の考えはさっぱりわかりません。早く解任しないところですね、おっしゃるとおりに。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/408-7b8ab6a9

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Gil Meche に $55M の価値はあるか?
<< old
ジュニア獲得は消滅?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。