スポンサーサイト契約更改・ヘンな話

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-01 / NPB > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-13

今年も日本球界の契約更改ではいろいろなヘンな話が出てきているようですね。

まずは、交渉相手があくびをしたことにキレて(?)泣きながら保留した関本健太郎(阪神)。あくびをしたとされたフロント側は「覚えがない」とのことで、真相はヤブの中。そんなことで泣いていたら交渉も何もないんじゃないかと思うけれど、どうでしょう。

千葉ロッテの里崎は、自分への提示額が他の選手に漏れていたとのことで保留。
これは球団側のミスでしょう。「里崎がこれくらいなんだから我慢せい」なんて調子でつい漏らしちゃったのでしょうかね。里崎はこれをネタにして球団からベースアップを引き出す算段でしょうが、「慰謝料」がどれくらいになるか?でもちょっとアンフェアな感じがしますね。

そして、真打ち・中村ノリ。
ノリといえば、メッツ入団が決まっていながら「事前にマスコミに漏れた」というわけのわからない理由でドタキャンをした前歴の持ち主。
今回も、「オリックスではもうプレーするつもりはない」と申し入れた、との報道があった後で、話が二転三転した上で、最後に自分での直接交渉は決裂。「ケガをおしてプレーしたことが評価されていない」とご不満の様子ですが、好成績だったらいざ知らず、期待を大きく裏切る成績では「ケガをした方が悪い」としかいいようがありません。最後には代理人のせいにまでして・・・。彼の何かがおかしいような気がしてなりません。
まあ、オリックス側としても、もうノリは要らなかったのでしょう。
「手を挙げてくれる球団があったらどこでも行く。」と言っているけれど、今のところどこも手を挙げそうにないとのこと。
どうするつもりなんだろう?
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/421-48ba8e1a

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
イチローの去就をめぐる日米報道合戦
<< old
井川が英語で入団会見!?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。