スポンサーサイト城島、今年も大変そう・・。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-03 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-07

今年のマリナーズには新しい先発投手が3人も入り、城島健司にはまた新たな仕事ができました。

数日前、Horacio Ramirez のインタビューが記事になっていましたが、彼が今最も心配していることは城島との意思疎通のこと。

オープン戦初登板後、城島とのコミュニケーションが問題だったとのことで、以下のように語り、捕手の言うように投げるのではなく、投手として投げたい球を自信を持って投げ込むことが大切だといっています。

"You've got different ideas," Ramirez said. "He doesn't know what I like to do in certain counts. How I want to get ground balls, stuff like that."

"I threw a 3-2 curveball the first day of spring training, to the second hitter," he said with a laugh. "It probably wasn't the smartest thing for me to do. But it was just something I wanted to work on. I had to shake him off a few times. But I just think that, as a pitcher, you have to throw the pitch you want with conviction."



また、Yahoo! Sports の記事では Miguel Batista が次のようにキツイことをしゃべっています。

"I heard about his reputation before I came here," Batista said. "And you'd think it's hard for you to explain a mental part of the game to a guy when he doesn't use the language. The big leagues are very different than Japan even if baseball has the same rules. We have guys here with good arms. In Japan, a lot of guys have great breaking stuff. The pitching styles are just different.

"So it's his job, as much as ours, to make sure we stay on the same plan."



この Yahoo! Sports の記事は、城島が捕手として研究熱心で準備を怠らない態度を取り上げていて、概ね好意的なのですが。

これらの投手といい関係を作って、正しい球を投げさせるのは至難の業のように思われます。前途多難かも。

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/445-6f0531fc

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
今年初のテレビ中継
<< old
イチローが「好きな選手」1位に
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。