スポンサーサイト絶好のドラフト改革のチャンス!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-03 / NPB > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-14

先週末から話題になっている西武の不正スカウト事件。
前回、阪神・巨人・横浜が一場投手(楽天・当時明治大学)に対して裏金を渡していたことが発覚しオーナー達の辞任につながるという大事件が起こったのに伴い自浄作用が発揮されるかと思いきや、相変わらず同じようなことが起きていたことがわかったというわけです。

僕は、このようなことをしていたのは西武だけではないだろうと想像しています。今回、早稲田の選手には1000万円超の「栄養費」が渡っていたそうですが、それくらいの金額でも球団にとっては新人補強予算のごく一部、大したお金ではないのでしょう。

ずーっと前から言われているけれど、両親だけではなく、その選手に強い影響を及ぼしている存在(監督・コーチ・後援会の偉い人など)に裏金が渡るケースが指摘されており、裏金は半ば常識のような感じで飛び交っていると想像できます。

少なくとも、大沢親分や長嶋茂雄が学生だった頃からこの「栄養費」なるものは存在したらしい。もらった本人達が白状していますからね。

一説には、最近不調の巨人の主砲T(伏せてもしょうがない?)も行きたい球団は他にあったのに巨人から父親への経済支援があったために巨人逆指名と相成った、との噂がありました。真偽のほどはわからないけれども。

プロとしては「端金」でアマの有望選手を囲うことができ、またアマの有望選手は濡れ手に粟でお小遣いが振り込まれるわけですから、双方にとっていい取り引き。ただし、そこには「倫理」は存在していません。

そろそろこのようなヤミの部分を白日の下にさらし、取り除く時期ではないか(十分、遅きに失しているけれど)。日本プロ野球機構としての管理体制や罰則規定、そしてドラフト制度の改革が絶対必要だと思われます。

ドラフト制度は、今なぜ「希望枠」などという訳の分からぬ枠が存在し、しかも高校生と大学・社会人で分けて行われているのか?とにかくシステムとして煩雑すぎるし、不公平感は否めません。

個人的には、アメリカのようなウェーバー制にフリーエージェントをリンクさせた方式がわかりやすいと思います。・・と思った矢先に、今朝の一部スポーツ紙には、巨人が希望枠撤廃・FA をリンクさせたウェーバー制度ドラフトを提案、という記事が出ていたようです。
巨人も人気凋落で、いつまでも有望選手が集まってくるとは限らない、ということに気づいたのでしょうか?それとも、あの巨人のこと、また何か企んでいる?
フリーエージェント資格取得までの年数を5-6年に短縮との案らしいので、それほど年を取る前に働き盛りの一流選手を FA で獲得できる、というメリットを計算してのことかもしれません。

それはともかく、報道によれば、今回の事件で希望枠撤廃は決定的な流れになっているらしいですが、長年続いてきた悪しき因習を一掃するような取り組みにも期待したいものです。




スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/447-8c7f3879

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
"The soundtrack to the Puget Sound summer"
<< old
今年初のテレビ中継
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。