スポンサーサイト"The soundtrack to the Puget Sound summer"

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-03 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-16

DaveNiehaus.jpgSeattle Times の Larry Stone のコラムに Dave Niehaus の話が取り上げられていました。

選手や監督、GM は来ては去り、常にその顔ぶれは変わり続けているが、マリナーズにおいて創立当時から変わらないもの、それはチームアナウンサー"The voice of the Mariners" Dave Niehaus の存在です。

既に72才、マリナーズのチームアナウンサーとして31年目のシーズンを迎えた Dave Niehaus はマリナーズの全4675試合のうち4598試合で中継を担当していますが、まだまだ辞める意志はなく、「この仕事は楽しめなくなるまで続けるつもりだが、今のところ楽しめなくなる日が来るなど予見できませんね」と話しているそうです。


96年には心臓発作で17試合を休み、またこのオフには肺炎で入院するなど健康面でちょっと心配ですが、少なくとも通算5000試合(つまりあと2年半)までは続けるつもりでいるとのこと。何とか元気で続けて欲しいものです。

正直なところ、もう一人の Rick Rizz の方が個人的には聞きやすいのですが、Dave Niehaus の声を聞くと野球シーズンの到来を感じます・・つまり季節の風物詩みたいなものでしょうか?

Larry Stone も "Niehaus' voice is the essence of Mariners baseball, and his broadcasts are the soundtrack to the Puget Sound summer." と表現していますが、まさに我が意を得たり、という感じがしました。

シアトルにいた頃、夏場に明るいうちに仕事から帰って、Dave Niehaus の中継を見ながらの夕食 (+ Pyramid Hefe Weizen
)、思い出すたびに「幸せだったなア・・」と遠い目をしてしまいます。
スポンサーサイト

Comment

S : 2007-03-25(Sun) 06:06 URL edit
Dave Niehaus, Rick Rizz, 彼らは本当にいい味を出していますよね。シアトルを離れてからは、すっかり彼らの声を聞く機会がなくなってしまったけれど、まだまだ元気でがんばっているんですね。うれしいです。

アメリカに来て、僕が初めてある程度英語を聞き取れるようになったのは、Rick Rizz のマリナーズ実況でした。 日常会話では人のフルネームがなかなか聞き取れなかったのに対して、野球選手の名前は予め知っていたので耳によく引っかかりました。でも、やはり彼のとてもきれいな発音のおかげだったのだと思います。

こちらカリフォルニアでは、ドジャースの Broadcaster, Vin Scully もかなりの高齢ですが、まだまだ健在で、がんばっておられます。もう57シーズンもドジャースの試合の実況を続けているそうです。状況の描写の仕方にとても独特なものがあります。唯一、気になるところは、あまりに年齢不相応な金髪のズラだけです。機会があれば、一度、チェックしてみてください。

なむぞう : 2007-03-25(Sun) 12:05 URL edit
57シーズンって、すごいですよね~。
もう20年以上前に殿堂入りしているそうです。この人の顔には見覚えがあるのですが、これはズラだったのか。たしかに77才だしねえ。
実況の方は、シーズンに入ったら mlb.com のストリーミング中継でチェックしてみます。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/448-660fbe1e

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
卒業20周年記念同窓会
<< old
絶好のドラフト改革のチャンス!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。