スポンサーサイトあれから4年

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-03 / 日常雑記 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-22

イラク戦争開戦から4年。

あの日はラジオから流れるブッシュの演説を同僚が絶望的な表情で聴いていたっけ。シアトルでつきあいのあった人たちは誰一人として戦争に賛成の人はいませんでした。その後2004年にあった大統領選でも、周りを見る限りは「ブッシュに投票する人なんているのかな?」と感じられるくらい支持されていなかったけれど、他の地域では不思議に圧倒的にブッシュ優位、結局勝ってしまったのだから、アメリカって不思議な国だなあ~と思わされました。
当時からイラクに攻め込む必要性を感じなかったけれど、大量破壊兵器を隠しているという話もガセだったことが発覚した今も必死になって兵士を送り続けているブッシュって一体・・?

ちょうど、2003年はマリナーズがA'sと日本で開幕戦を行う予定になっていたのが、開戦に伴い中止に。逆に、同時期にシアトルで試合を行う予定になっていたサッカー日本代表のアメリカ遠征も中止。せっかく、発売当日にチケットを購入し、至近距離で中田英寿や中村俊輔、そしてジーコが見られると楽しみにしていたのに・・。
「戦争をやっている国に選手を送るわけにはいかない」という日本サッカー協会の声明を聞いて、自分は戦争をやっている国で生活しているのだ、ということにあらためて気がつきましたね。まるっきり実感が伴わなかったけれど。
スポンサーサイト

Comment

fuyu : 2007-03-22(Thu) 09:58 URL edit
もう4年もたつのですね…。
ブッシュの再選が決まったときには皆口をそろえてカナダに移住すると言ったものです。
私が始めて渡米した年から比べると、scienceで働く外国人にとってはすっかり暮らしにくい国になってしまったと感じました。
なむぞう : 2007-03-25(Sun) 11:22 URL edit
fuyuさん
テロ対策のあおりで visa取得が大変になった上に、イラク戦争に莫大な戦費を費やした結果、science 分野へのしわ寄せが来ていますね。
グラント獲得が難しくなり、外国からの研究者を受け入れる枠も狭くなっているように思います。数多くの人命を失っただけではなく、科学の進歩も停滞させたイラク戦争の意義は何だったのでしょうか?
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/450-459e0592

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
なむぞう的オススメ動画
<< old
卒業20周年記念同窓会
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。