スポンサーサイトやっぱり Safeco で見たかった

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 2][Tb : 1]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-06-29

DiceK-Ichiroちょっと更新が遅れましたが、一昨日の試合は、松坂大輔の Safeco Field 初登場で盛り上がっていましたね。
なむぞうの後任としてシアトルで働いている後輩のO君ばかりでなく、同級生のH(ニューヨーク在住)、aoiさん、それにこんな人まで現地で観戦していたようで、そんな中、球場へ行けないのはとても残念。
ただ、ラッキーなことに現地デーゲームなら出勤前にテレビ観戦ができるのです。朝5時半からテレビの前で釘付けになっていました。

今日の松坂は立ち上がりからホントによかったです。フォームが少しスムースになって、かつぐような投げ方が少し修正されたような。コントロールよく、また、変化球のキレもよかったです。テレビで見ていても、ノーヒットノーランをやられるんではないかと心配しましたからね。


3回に Jamie Burke がセンター前に打った打球に Coco Crisp がダイブしたけれど、Coco もそんなことを考えていたのでは?・・とまで疑ってしまうほどの出来。まあ、これでホッとした直後にイチローがどん詰まりのままセンター前に落として完封も逃れる(左上写真・O君撮影)

マリナーズの先発はRyan Feierabend は松坂に比べるとちょっと頼りなかったけれど、フライの山(?)を築き、なんと5回まで無失点。レッズ戦ではあの異様なほどの "Welcome back Junior" の雰囲気の中ボコボコになっていたけれど、平常心で、落ち着いて投げれば大丈夫なんだね。

6回からはSean Green に交代。7回、先頭の J.D.Drew を出したあと、バント処理にもたつき一気に傷口を広げ、1死1・3塁で Coco Crisp の打球は右中間へ。
イチローが最深部でボケットキャッチして犠牲フライ止まりで食い止めたのが大きかったですね。あれが抜けていればマリナーズは間違いなく負けていたでしょう。
試合後「あの打球では抜けない」と平然と言ってのけたあたりはさすがイチロー

Hargrove はその後、George Sherrill をワンポイントで下ろして(もったいない!)Brandon Morrow, 同点の9回になんと J.J. を投入して、今日もブルペンを酷使します。

9回裏には岡島が登板、先頭のイチローが内野安打で出塁してつくった1死1・3塁の絶好のチャンス・・しかし、かわった Jonathan Papelbon から Richie Sexson が初球をあっさり打ち上げてセカンドファールフライ。Ben Broussard もセカンドゴロで逃し、延長戦へ。

同時に、なむぞうのテレビ観戦もタイムアップ。もう J.J. も使ってしまってブルペンもあまり残っていないし、あまり望めないなあと絶望的な気分で出勤しました。

ところが、昼に結果をチェックしてみると、なんと勝っているではありませんか!!

左中間最深部にサヨナラ打を放った Jose Lopez もえらいけど、Jason Davis が10回・11回と2イニングをゼロで抑えたのが奇跡的だと思いました。

ボストンは、Papelbon のあとブルペンが底をついたらしく、Pineiro が出てきて、古巣の勝利に貢献していました。

いやー、いい試合だった。でもやっぱり現場で見たかったなあ。



スポンサーサイト

Comment

S : 2007-07-11(Wed) 00:33 URL edit
なむぞうさん、
George Sherril っていったいどんな投手なんでしょう?
僕はマリナーズの試合はもう長らくテレビ観戦していないので、
実際に投げるところを見たことがないんです。
ここまで 28IP, 29K, 1.29ERA, 0.61WHIP ってすごいですよね。
このままの活躍を続けるのか、それとも、いまだけなのか・・?
どう思われますか?
なむぞう : 2007-07-11(Wed) 14:51 URL edit
George Sherrill は左腕のスリークオーターから投げるリリーバーで、左打者外角へのスライダー(?)もいいのですが、fastball がたぶん93 - 94 mph くらいで、よく高めで相手打者を詰まらせています。スプリングトレーニングではメッタ打ちに遭っていましたが、シーズンに入ってからは非常に安定しており、特に左打者にはほとんど打たれていないと思います。Mike Hargrove は彼を7-8回でワンポイント的にしか使わないことが多かったですが、新監督はChris Reitsma と George Sherrill の2人でセットアップを回すつもりのようです。
ただし、まだ実績もあまりないので後半も崩れないという保証はなく、ちょっと心配です。また、J.J.がいる限り、セーブ機会はほとんどなく、ファンタジーベースボールでの価値もちょっと・・。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/494-00c6e69f

松坂好投、バベシボール到来! 観戦最終日(レッドソックス) 6.27

今日の松坂はよかったです。 最近本来の投球を取り戻してきたみたい。 最後はピネイロで負け。 マリナーズが捨てたピネイロを5億円で獲得させていただいたエプスタイン王子。素敵です。 もしプレーオ ...

青いblog : 2007-07-01 11:09

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
頼りになるのは J.J. だけ
<< old
打者・松坂、一流どころと対戦
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。