スポンサーサイト浦島太郎~6年ぶりのプロ野球観戦

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-07 / NPB > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-07

昨日、友達がネット裏のシーズンチケットをもらったというので、一緒に神宮球場のヤクルト巨人戦を観に行ってきました。

僕が日本のプロ野球の試合を見に行ったのは2001年の日本シリーズですから、約6年ぶりの観戦ということになります。

これだけ間があくと、いろいろな発見があります。

1. 信濃町から神宮球場の間に、お弁当の出店がなくなった。球場内よりも安いので、時々買っていたのだけど。

2. 神宮バッティングセンターがいつの間にか「バッティングドーム」になって、外から見えなくなっていた。

3. 入り口からスタンドまでの近さ(というか、狭さ)が逆に歴史を感じさせる。

4. 昔ながらのウグイス嬢のアナウンスに加えて、DJ 風のアナウンスもあり、場内を盛り上げようとしていたが・・・。ダンスタイム、といわれても、踊っていた人はいたんだろうか?

5. ヤクルトの先発メンバーで、見たことがあるのは宮本・ラミレスだけ。ずいぶん変わったなあ。

6. 初回、青木がヒットで出塁し、バッターは田中。巨人の内野陣がジワジワと前進してくるのをみて、一瞬何が起こっているのかわからなかった。

そうだ、初回でも送りバントは日本プロ野球の定石だったっけ。

7. 巨人・阿部がバックスクリーンを越える大きな逆転ツーラン。チームメイトがベンチ前に並んでのお出迎えも日本流ですね。

8. 見方の攻撃がツーアウトになると、ベンチ前で投手がキャッチボール。これも、メジャーでは見られない風景。松坂大輔はこれができないことでも困っていたみたいですが、逆にヤクルトの先発・グライシンガーはちゃんと日本流にキャッチボールをしていました。

9. 観戦中の食べ物には、神宮名物(?)の天ぷらうどんをチョイス。久々に食べたけど、変わってませんでした。プラスチックの入れ物にいっぱいに盛られているので、席まで運ぶのが大変・・しかも走りまわっている子供にぶつかられて、もう少しでひっくり返すところだった。

9. ヒーローインタビューも日本独特のもの。この試合のヒーローは先発で10勝目を挙げたグライシンガーと勝ち越しホームランの宮本でした。

10. 昨日のゲームで最も「浦島太郎的」感覚に襲われたのは、神宮名物の応援傘。
ヤクルトが点を入れたときにネット裏から外野席を眺めてみると、傘は開いているものの以前のような迫力がなく、ちょっと物足りないような感じを受けました。
なんでだろう?と、よく見てみると、傘のサイズが小さくなっているじゃあありませんか!
なるほど、あの小さな傘なら鞄にも入るだろうし、持ち運びは楽だろうな。けれど、見てる方からすると、やっぱりちょっと物足りない。
スポンサーサイト

Comment

くまっぴー : 2007-07-08(Sun) 21:43 URL edit
へ~いろいろと変わっているんですね。
ヒーローインタビューを聞いたと言うことは、最後までちゃんと残っていたのですね。後なんでお弁当屋なくなったんでしょうね。
神宮は球場から駅までがとても長くて、帰りは大勢の人でなかなか駅までたどり着けないのが大変で嫌いでした。
今月末は西武球場ですね。2回目のデートで行ったっけ~?若かったね~
なむぞう : 2007-07-11(Wed) 14:20 URL edit
神宮は確かに球場から信濃町の駅までがちょっとあるよね。でも、Safeco からいつもの駐車スペースまでの方が遠かったんだけど、混み方の違いかな。
西武球場(今はグッドウィル・ドームというらしい)、恥ずかしいけれどもう十数年前のことですね。西武ーダイエー戦で、ダイエーの村田が好投していたような・・。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/497-25a48295

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
「らしからぬ投球」でも・・
<< old
なぜだ??
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。