スポンサーサイト岡島はよくやっている。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-10 / MLB (the Mariners 以外) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-27

ワールドシリーズ第2戦は接戦をボストンが制して2勝0敗。
ますますロッキーズは追い込まれた感があります。地元デンバーに戻っての3戦以降の巻き返しに期待することにしよう。

試合のキーとなったのは、6回のピンチの場面でリリーフし、2回1/3を完璧に抑えた岡島でしょう。実はこれが、日本人投手のワールドシリーズ初登板だそうな。
正直なところ、これだけ日本人選手が活躍している MLBだから、そんなことはもはや無意味だと思うけど。

さて、日本においては常々松坂の陰に隠れがちな岡島。
いくら防御率0点台の抜群に安定した投球を続けていても、いくらセットアッパーとして勝ち試合を壊さずに Papelbon にバトンを渡し続けても、日本のニュースではなぜか松坂の話題の後に、おまけのような扱い。

今年の年俸は松坂$6.3M vs 岡島$1.2M。
松坂はこの他にポスティングのお金もかかって総額$100M。それでいて、先発の責任イニングを果たせないこともしばしばで、打線に助けられてようやく15勝。もし彼がサンフランシスコやカンザスシティ、ホワイトソックスに入っていたら2桁勝てたかどうか?

どちらがチームにとってありがたい選手か、答えは明らかですよね。

シーズン中からしばしば思っていたけれど、マスコミはもう少し選手が果たしている仕事の質とか、そういうものを冷静に評価して伝えてあげるべきだと思うけどなあ。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/538-b52922c5

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
松坂はこれで満足してるのか?
<< old
Gifts from Seattle
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。