スポンサーサイトAdam Jones - Erik Bedard トレードの行方は?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-27

オリオールズのエース・Erik Bedard とマリナーズのAdam Jones 他若手選手たちのトレード話、まだ終わったわけではないような。

オリオールズとしては Erik Bedard をどうしても今オフにトレードしなくてはいけないという必要性がないことから、見返りに少しでも不満があれば破談にすればよかったので、マリナーズが過剰な損失を被ることが心配されていました。

でも、最近はErik Bedard もオリオールズ経営陣に対する不満を露わにしています。契約延長よりもトレードに関する話の方がずっと多く、自分をチームを留めおく意図が感じられない、と発言したり、再建過程にあるチームで(=勝てる可能性のないチームで)投げるつもりはない、という態度を表明したり。

マリナーズGMの Bill Bevasi も先週の担当記者との懇談会でいつになく"top-of-the-rotation guy" を獲得するために積極的な姿勢と自信を示していたようです。「我々に必要なのは2番手・3番手・4番手の投手ではなく、"A No. 1 guy"なんだ」とも。

確かに、2008年シーズンを勝つためには最も重要なポイントは先発投手陣。若手有望株を失うことに対していろいろと反対意見もあり、たとえば、Seattle Timesの記者の間ででも意見が分かれているようです。うーん、微妙な。

噂によると、この週末から来週半ばにかけて話がまとまらなければ破談だろうといのこと。しばらくマリナーズのニュースから目が離せません。
スポンサーサイト

Comment

: 2012-10-27(Sat) 00:12 edit
このコメントは管理者の承認待ちです
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/543-618692b7

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
トレード成立?
<< old
Bedard獲得は破談に?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。