スポンサーサイト今年の投手陣はどうなる?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-02 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-13

いよいよ、水曜日からバッテリー組のスプリングトレーニングが始まります。水曜日に全員集合、身体検査をして木曜日から練習開始だそうです。

今年の25人ロースターに残るメンバーはどんな顔ぶれになるでしょうか?

通常、投手は11 ~ 12人になるのですが、まず12人と仮定して、先発5人+ブルペン7人としましょう。

先発5人は以下の通りでほぼ決まりでしょうか。
Erik Bedard
Felix Hernandez
Carlos Silva
Jarrod Washburn
Miguel Batista
やっぱり Bedard が加わったおかげで随分いい感じになりましたね。
このトレードがなかったら Horacio Ramirez か Brandon Morrow だったことを考えると、投手陣全体にいい影響を与えそう。
あとは、みんなケガなく仕上げてもらえれば・・。

さて、問題のブルペン。
昨年は序盤から Mike Hargrove に酷使されたのと、経験のない若手が多かったために、シーズン終盤で崩壊したブルペン。今年はさらに貴重な存在だった George Sherrillもいなくなってしまったので、不安です。

クローザー:J.J. Putz
これは決まりですね。怪我のないよう、祈るばかり。

残る6人は左3人+右3人とすると現時点で考えられる顔ぶれとしては
左:Eric O’Flaherty / Ryan Rowland-Smith / Horacio Ramirez
右:Brandon Morrow / Sean Green / Mark Lowe

Morrowはコントロールがどこまで安定するかがカギでしょう。昨年は故障明けで本来の投球ができなかった Mark Lowe、随分戻ってきたという話ですが、シーズンに向けてどこまで信頼を勝ち得る投球ができるか?
Horacio Ramirez はおそらく最初は(先発陣に故障がなければ)ロングリリーフという位置づけになるのではないかと思います。オフの間の仕上がりは結構評価されているみたいですが。

右に関しては、Mark Lowe ではなくて、Cha Seung Baek という選択もあるかもしれません。というのも、 Baekは今年オプション切れで、3Aへ落とすにはウェーバーを介さなくてはならず、この間に他球団にさらわれることは確実だからです。

また、ルール5ドラフトで獲得したナックルボーラー・R.A.Dickeyという手もあるかも。

左投手で割って入りそうな若手としては Cesar Jimenez というのがいます。ベネズエラのウィンターリーグで21イニングを投げて4勝0敗・防御率0.77 と相手打者を圧倒する成績を挙げており、かなりの期待を集めているようです。楽しみですね。

故障明け、復活を期すベテラン組はArthor Rhodes, Chris Reitsma の2人。Rhodes は昨年5月初めに Tommy John Surgery (肘の腱移植手術)を受け、Reitsma も8月に肘の手術を受けています。両者とも1月にマイナー契約でスプリングトレーニングに招待されており、本人達のコメントは至って前向きですが、果たしてメジャーのロースターを勝ち取れるくらいに回復しているのでしょうか?

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/557-1f2916bb

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
開幕投手が決定!
<< old
イチローはカモを1人失った?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。