スポンサーサイト対 Yankees 戦・観戦記~試合編~

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-05 / Mariners 観戦記 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-16

20050517071154.jpg今日の席は1塁側3階席でした。驚いたことに、Yankees 戦だというのに、3階席は外野・外野に近い内野はガラガラでした。しばらく前から、テレビでも球場でも Yankees 戦のコマーシャルをやっていて、"good seats still available" などと出ていたのですが、これほどまでに売れ残っているとは思いませんでした。

月曜日のナイトゲームという影響もあるかもしれませんが、やっぱり Mariners の昨年からの不振が響いている感じがします。一方、先日のボストンとの試合と同様、ヤンキースファン はかなり多かったです。
1回裏、Mariners は王建民の立ち上がりを攻めます。イチローのきれいなセンター前ヒット・盗塁、Beltre の右前打で1・3塁のチャンスを作り、Ibanez がセンターオーバーの2塁打で早速2点を先制。Boone は3塁線へのゴロ、A-Rod が追いつくもグラブにおさめることができず、更に1・3塁と攻め立てましたが Reed が左飛でチェンジ。

この後、王建民は立ち直り、2回から6回までパーフェクトに抑えられてしまいました。コントロールよく低めに94 - 95 mph (151-153 km/h) のストレートを決めていて、いいピッチャーだと思いました。

一方、Sele はコントロールに苦しみ、いつ打たれてもおかしくないように見えました。毎回のように走者を出すのでドキドキしながら見ていましたが、何とか3回の1点(1死2・3塁から A-Rod のサードゴロ)のみに抑えました。結局6回115球を投げ、5安打6四球1失点という内容でした。試合前からある程度、打たれることは覚悟していたことを考えると結果は悪くないけれども、内容的にはまだまだ?がつくと思います。

7回からは長谷川が登板。7回長谷川・8回 Putz・9回 Eddie Guardado というリレーが予想されました。しかし・・・

1死後 Sheffield がショート内野安打、松井が低い弾道でライトフェンス直撃のシングルヒット(これはイチローの打球処理が完璧で2塁送球も素晴らしかったです。松井はあわてて1塁にヘッドスライディングで帰塁していました)、A-Rod は四球で1死満塁のピンチを背負ってしまいました。

ここで Tino Martinez に対して 3A から上がってきたばかりの George Sherrill が登板、見事にバットをへしおってサードゴロ!サードの Beltre から捕手の Olivo へ、更に Olivo から Sexson へ送球してダブルプレイ・チェンジ!・・のはずだったのですが、Sexson のミットからボールがこぼれていました・・。打者走者と重なってキャッチしづらかったのかもしれないけれども、これが今日のポイントとなってしまいました。こういうプレーの後なのでちょっと悪い予感がしたんだよな~)。

ここで Bernie Williams に対して J. J. Putz が登板。
その初球・・・センターに運ばれ、懸命に背走した Reed がフェンスの向こうでボールにさわりながらもわずかにキャッチできず、逆転満塁ホームラン・・・試合は一瞬の間にひっくり返ってしまいました。悪い予感はあったけれども、まさか今季の Bernie Williams にあの場面でホームランを打たれるとは・・。Putz は3日で2本の満塁ホームランを喫したことになります。球種は土曜日と違ってシンカーだったそうで、だとすると相当甘いところに投げたんだろうなあ。

今年の Mariners, 走者をためた場面で一発を食らうことが多く、本当に見ていてもショックが大きいです。球場で観戦した中で最悪のシーンの一つになりました。しばらく忘れないぞ、J.J.
あんなに気分の悪い seventh inning stretch も覚えがありません。

とはいえ、残り3回で3点差。最近復調傾向とはいえ、Yankees もブルペンで苦労していたので、まだ希望を捨てずに観戦。すぐに Boone, Reed の連続2塁打で1点を返したのはよかったのですが、リリーフした Sturtze に後続を断たれ、次の回には Jeff Nelson が Cano に中前打、Sheffield に二塁強襲内野安打(いい当たりだったけど Boone のほぼ正面、ダブルプレーボールだっただけに捕って欲しかった・・)の後、A-Rod に三遊間を破られ、あっという間に3点差に戻ってしまいました。

あとはあっさり進んで、9回裏は Mariano Rivera の登板。Ibanez が四球を選びましたが、Boone がダブルプレーで淡い最後の期待も泡と消えました。

20050517071242.jpgYankees 不動のクローザー・Mariano Rivera。何ともいえない風格が感じられました。


ホント、ファンにとってもしんどい試合でした・・・。気がつけばまだ月曜日、疲れ倍増っていう感じ。

~おまけ~
20050517071213.jpg翌日も仕事に行かなければいけないというのに、名物(?)ガーリックフライを食べてしまいました。フレンチフライの上に多量のガーリックがのっていて、食べると翌日(あるいは翌々日?)まで周囲に迷惑をかけることになりかねません。でも、セーフコフィールドに行くと、そのガーリックのにおいに誘われてついついビールのおつまみとして買ってしまうことがあります。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/57-ace5007e

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
対 Yankees 第2戦・観戦記
<< old
対 Yankees 戦・観戦記~練習編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。