スポンサーサイト2008年シーズンは勝利で幕開け

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-04 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-01

とうとう、2008年シーズンが開幕。
やれやれ、これからまた忙しい半年間がやってくる。

今日は日本時間では朝7時40分試合開始で生中継があったので、仕事が許すギリギリまで、約1時間観戦しました。

見所はまずは Erik Bedardのピッチング。スプリングトレーニングでは散々だったのと、昨年の4月の成績もふるわなかったことから、かなりドキドキしながら見ていました。

最初の打者 Ian Kinsler を内角カーブで3球三振に取ったときには、「やっぱ、すげ~」と最高の気分でしたが、次打者 Michael Young にライト外野席へ運ばれ、いきなり失点。その後は多少コントロールに苦しみ、投球数はうなぎ上り。「多少」としたのは、球審がさっぱり右打者の内角球をストライクに取らなかったためで、普通の審判だったら Bedard ももう少し楽に投げられていたでしょう。

というわけで苦しみながらも5回を1点に抑え、先発の責任を果たしてくれました。
ストレートも球速が出ていたし、カーブの曲がりもよかったように見えます。この投球なら、期待通りやってくれるのではないかと、かなり安心しました。

時間の都合上、4回までしか見られず、その時点でマリナーズは0-1で負けていたわけですが、仕事が一段落してから結果をチェックしたら、逆転勝ち。なんとなくマリナーズがこのままずるずると負けるというのは考えにくいような気がしていたので、「やっぱり勝った!」という感じでした。

今年は2番に入りチームバッティングに専念しているらしい Jose Lopez がいい活躍をしたとのことで、打線が今まで以上に機能するのではないかと期待できる、いい開幕戦だったのではないでしょうか?

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/573-37577e43

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
勝負は下駄を履くまでわからない
<< old
お疲れ様、桑田
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。