スポンサーサイト早くもチームに大ナタが・・。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-05 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-02

これがマリナーズファンがスプリングトレーニング以来、いや昨シーズン以来待っていた形なのかもしれない。

クリーブランドでの3連戦、第2戦の試合前に大きな動きがありました。
AAA タコマから Wladimir Balentien(ブラディミール・バレンティン), Jeff Clement(ジェフ・クレメント)を昇格させ、Greg Norton と極度の不振に陥っていた Brad Wilkerson に戦力外通告しました(designated for assignment)。

数日前、主力選手の多くが2割そこそこと振るわない打線について、"This game is about winning. It's not about me being everybody's best friend. It's me doing best for the Seattle Mariners and for the ballclub."と語るなど、John McLaren監督にもフラストレーションがたまる中、大ナタを振るった形になりました。

ファンが待ち望んでいた有望若手選手2人の昇格ですが、Balentien は早速ライトへ流し打ちで第1号ホームラン。今季絶好調(試合前までの防御率がなんと 0.28)の Cliff Lee(クリフ・リー)からのスリーランは、残念ながら試合の流れを左右するようなものではありませんでしたが、これこそ日本語で言うところの「名刺代わりの一発」といっていいでしょう。
先日は AAA で1試合3ホーマーを放った(ただしうち1本はランニングホームランだけど)ばかり。
今後、ライトの定位置は彼のものでしょうから、楽しみです。

一方、Jeff Clement の起用法はどうなるのでしょう?
おそらく DHで Jose Vidroとの併用になるのではないか?と考えられていますが、城島も不振に喘いでいる現状では、マスクをかぶる機会もあるかもしれません。
(実際、昨日の試合では8回からマスクをかぶり、9回の初打席で初安打)

Brad Wilkerson が去るのは、遅かれ早かれ、という感じで、ある程度予想されましたが、もう一人の Greg Norton はちょっともったいないような気が個人的にしました。確実性の高そうないいスイングで、僕好みだったのですが。

どうも、チーム内の役割やプレースタイルが Jose Vidro とかぶるから、というのが理由のようです。まあしょうがないか。

とにかく、Balentien, Clement の2人が起爆剤になってくれるのではないか、と期待しています。

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/583-0003cb68

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ダメだこりゃ。
<< old
大丈夫か?J.J.
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。