スポンサーサイトJim Riggleman と John McLaren

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-07

今から約2週間前の6月19日、イチローや城島が敬愛していた監督・John McLarenが更迭され、Jim Rigglemanが新しい監督に就任しました。
Rigglemanにはメジャーでの監督経験もあり(1992-94: パドレス、1995-99: カブス)、妥当な線だと思われました。監督交代後10勝5敗と、今のところ結果も残しています。

ちなみに、2004年夏にSちゃん夫妻とドジャースタジアムに行った時に、当時ドジャースのベンチコーチだったRigglemanにサインをもらいましたが、もらった時にはそういう人だとは知らず、もちろん4年後にマリナーズの指揮を執っているということも想像できませんでした。
その時の写真↓
Riggleman.jpg


John McLaren については、ホントに残念でした。
負けが混み始めて少しずつチーム改革を始めた時に「自分の仕事は選手たちのbest friend であることではなく、チームを勝たせることなんだ」というコメントをしていましたが、おそらく選手たち一人一人をよく観察しコミュニケーションを図り、それこそbest friendのような存在だったのではないかと想像します。

彼は解任直後の記者会見で、選手間に「緊張状態やねたみ」があったと指摘、チーム内の選手同士の関係に大きな問題があったことを示唆しました。
もし、この苦境で John McLaren が監督でなく、ベンチコーチであったなら、彼のパーソナリティはチームによりよい結果をもたらしていたかも?

近い将来、McLaren がマリナーズのベンチコーチとして戻ってきてくれないかなー、と思ったりするのですが、ちょっとムリですかね。

スポンサーサイト

Comment

Sちゃん : 2008-07-10(Thu) 13:10 URL edit
どうも、ご無沙汰してます。
何週間か前になむぞうさんチームに完敗したSちゃんです。

なにがすごいって、なむぞうさん、
どうしてこのときにサインをもらったのが、
現マリナーズの監督だってわかったの?
Sちゃんの嫁は「あれ誰?貴重なサインボールのスペースが・・」
などと言っていたように思います。

やっと、Bill Bavasi による暗黒時代が終わりましたね。
これから何年かかるか分からないけれど、
また強いマリナーズを再建してもらいたいですね。

そういえばイチローがホームラン競争に出るという記事をみかけましたが、
なむぞうさん、何か情報は入ってますか?

なむぞう : 2008-07-10(Thu) 23:14 URL edit
Sちゃん、コメントどうもです。
Jim Rigglemanのサイン、まだ持ってますか?
サインをもらったときには僕も "who?" って感じでしたが、調べてみるとベンチコーチ、当時のドジャースでも監督経験もある重要人物だということがわかり、そこでしっかり覚えました。
マリナーズの新ベンチコーチになったと聞いた時にも、なんとなく心強い感じがしたけれど、まさかこんなに早く指揮を執ることになるとはね。何とか頑張って立て直してほしいものです。
まあ、この間はArthur RhodesもBrandon Morrowも残っているのにキャッチャーのJamie Burkeを登板させた采配が非難の的になっていたけど。

イチローがホームラン競争に出るって話は、僕は聞いてません。毎年、そんな話がちらっと出るのですが、なかなか実現しませんね。
ちなみに、現時点で出場が決まっているのは以下の6人です。
Chase Utley (PHI)
Dan Uggla (FLA)
Lance Berkman (HOU)
Grady Sizemore (CLE)
Josh Hamilton (TEX)
Ryan Braun (MIL)
あと2枠くらいかな?
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/588-223a4fda

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
さよなら、Sexson
<< old
忙しかった?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。