スポンサーサイトお疲れ様、野茂

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / MLB (the Mariners 以外) > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-17

つい先日、「お疲れ様、桑田」というタイトルで書いたような気がするけれど、またも同世代の代表・野茂がマウンドを去ることになったそうです。

nomo.jpg ロイヤルズから戦力外通告された時に、いや、数年前からこの日が来るのは覚悟していたけれど、やっぱり残念。
一部報道では日本の球団が獲得に乗り出すという話もありましたが、野茂はメジャーリーガーとして引退すべき、と思っていました。そして彼もそうしてくれました。

彼が近鉄に入団した年、神宮でのオープン戦にやってきた時に初めて生で見ました。ブルペン投球をすぐ傍で見ることができ、そのフォークの落差に驚いたのを覚えています。

アメリカでは2004年に Dodger Stadiumで、2005年に Safeco Field で、と2回の登板を見るチャンスがありましたが、両試合とも打たれてしまっています。

いうまでもなく、日本人メジャーリーガーのパイオニア。いきさつはともかく、彼がドジャースであれだけの活躍をしなかったら、今のような状況は出来ていなかったかもしれませんよね。

僕の元ボスはことあるごとに、「野茂になれ」といいます。他人の歩いてきた道をたどるのではなく自分で新しい道を開拓しろ、との教えですが、なかなか・・。
スポンサーサイト

Comment

Sちゃん : 2008-07-17(Thu) 23:15 URL edit
本当に残念です。
今年もオープン戦では結果を残していたので、
きっと復活してくれると思っていたのですが、
でももう十分ですよね。
当たり前だけど、人間みんな年をとるんだな、
と実感させられます。


なむぞう : 2008-07-19(Sat) 17:09 URL edit
人間みんな年をとる、当たり前のことだけど、普段は意識しないですよね。
僕も、自分の体が若い頃と違うことは気がついているんだけど、どこかにそれを認めたくない自分がいます。
でも、同年代の野球選手がみんな、若い頃と同じようなパフォーマンスをできなくなっているのを見ると、それが現実だと再確認させられますね。つまり、僕にとって同年代の選手たちは自分を象徴する鏡のような存在なのかもしれません。
Sちゃん : 2008-07-20(Sun) 01:06 URL edit
全く同感です。
同年代の野球選手たちの引退は全く他人事ではないですね。

僕の大学時代の友人は、その昔、同年代のAV女優が引退したときが
最も自分の年を感じるときだと言ってました・・(笑)。
それってまだ二十代半ばだったんですけどね。

日本の投手も誰かクレメンスのように現役復帰してくれないかなあ。
そうなれば、僕らも勇気づけられるように思います。

なむぞう : 2008-07-27(Sun) 12:43 URL edit
いやーAV女優の引退って、ちょっと年を感じるのが早すぎじゃあないですかね?
あと、往々にして年齢のさばを読んでいることが多いので正確なところがわからないというのもあるかも。

日本では、野球ではありませんが、伊達公子が現役復帰して頑張っています。
でも報道の度に「37才・伊達公子」みたいに、枕詞のように年齢をアナウンスされたり、相手が若いと「年の差・20才」みたいな形で興味を引かれるのも、本人としては不本意ではないかと思います。

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/593-235afcf8

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
「イチローをトレードせよ」?
<< old
Pat Gillickが戻ってくる??
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。