スポンサーサイトにわかに野球づいている・・。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-06 / NPB > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-19

マリナーズの試合、一応フォローしているのですが、なかなかライブ映像で見るチャンスがないのは痛いですな。
子供が生まれて里帰りから帰ってきて以来、「今日のMLB」も全く見られず。

ハイライトをMLB.comで見るだけにとどまっているけれど、まあしょうがないか。

そんな中、久々に日本のプロ野球、神宮球場でのヤクルトー千葉ロッテ戦を見てきました。

帰国以来、「日本のプロ野球には興味が持てなくてさ・・」と常々ぼやいているなむぞうですが、いざ球場へ向かうとなると誰よりも早足で歩いています。三つ子の魂百まで。

今回つきあってくれたのはシアトル時代からの野球友達Oさんです。
MLBの本拠地グラウンドをほとんど制覇したという猛者ですが、帰国してから日本のプロ野球を見に行くのは初めてとのこと。

今回は、職場でシーズンチケットがまわってきたのでタダでネット裏のいい席から見ることが出来ました。やっぱり野球観戦は屋外に限るね!とOさんも喜んでくれました。

僕自身は帰国後2回目の神宮球場なのですが、球場自体が昔のままでノスタルジーを感じさせるものである一方、試合前の盛り上げ方はちょっと40才のおじさんにはついていけないものあり。別に女の子を踊らせなくてもいいだろ~、と思います。

試合は、両先発・館山(YS)・大嶺(CLM)ともにピリッとせず、5回までは締まらない点の取り合い(・・このせいで最終的には4時間ゲーム←明朝は5時半起きなのに(怒))。

その後はブルペン陣が頑張って延長にもつれ込んだのですが、そろそろ切り上げて帰らなきゃ、と思い始めた11回、ガイエルがシコースキーから右中間スタンドへ豪快へ運び、ヤクルトのサヨナラ勝ち・・めでたしめでたし。

林昌勇vs井口そんな試合の中で、最も印象に残ったのはヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)です。まだ今シーズン自責点ゼロなんだね。WBCでも素晴らしいピッチングをしていたけれど、最後の最後でイチローの勝ち越しタイムリーを許したのは印象に残るシーンでした。

今日、初めて生で見ましたが、キレのすごそうな球を投げ込んでいました。場内掲示では155 - 157 km/hが出ていたから、相当スゴイです。一度肘を傷めた投手がこんな球を投げられるのか、と。
2イニング目は制球を崩して2死満塁のピンチを作りましたが、ご愛敬、ということで・・。

Oさんいわく、「来年は巨人が持って行くんじゃないの?」
うーん、これまでそんなことが何回もあったなあ・・ハウエル・ペタジーニ・ラミレス・グライシンガー・・いや、林昌勇は絶対に流出を阻止しなくては。もしヤクルトを出たいのであれば是非マリナーズへ!ということにしましょう。

明日は、これもまた久々になるのですが、自分でプレーする予定。にわかに野球づいているけれど、この年になるとまず一番の目標は「ケガをしないこと」です。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/610-e25b9c01

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Franklin Gutierrez!!
<< old
Junior is back!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。