スポンサーサイトイチローがトップバッターでなくなるかも?続報

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-02 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-02

710 ESPN のマリナーズの番組 “Hot Stove League” をPodcastで聞いていたら、FanfestでのEric Wedge(エリック・ウェッジ)監督のインタビューが流れていた。
昨今話題にしている打順問題について、打線はチームが最も点を取れる打線を組むという当たり前の方針の中で、今回強調していたのは、前後の打者に及ぼす影響が大事だとのこと。

この中でイチローについては「彼は『一番打者としては大変独特なアプローチ法』で臨んでいて、前後の打者は彼の打席で何が起こるか予想できない。彼自身に関して言えばそれはそれで良いけれども、他のチームメートにも良い効果をもたらすようでなくてはならない」と、これまでの監督が言及しなかったような突っ込んだ発言が聞かれた。

これまでも繰り返し指摘されているように、待球はしない、相手投手の球筋を味方に見せることなく、早いカウントで打っていく、四球を選ぼうと決してしない、などのアプローチはセオリーからして先頭打者の役割の幾つかを放棄しているようなものだけど。

この文脈からは、イチローが今年も1番に入る確率はかなり小さくなったような印象を受けた。

その後の言葉を聞いていると、それでもイチローはDustin Ackley(ダスティン・アクリー)とともにトップ3人のどこかを打つことになるだろうとのこと。

このあたりの発言はあまり日本では報道されていないけれど、非常に興味深いところだと思う。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/663-5d645f44

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
Carlos Guillen が戻ってくる!
<< old
今年のラインアップは?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。