スポンサーサイトCarlos Guillen が戻ってくる!

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-02 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-03

午前中の仕事を終えて、twitterでCarlos Guillen(カルロス・ギーエン)がマリナーズに戻ってくるというニュースを見たとき、しばらくウーンと考えてしまった。

もちろん、Guillenは思い入れのある選手だ。
2003年まではマリナーズのショートを守っていたので、ちょうど僕のシアトル時代前半はGuillenがいたことになる。
その後、デトロイトにトレードされて開花、2004年には打率.318,20本塁打、97打点という成績を挙げた(この時に交換で獲得したRamon Santiagoがパッとしない感じだったので、余計に損した感が強かったな)。

ただ、2009年以降は肩や膝のケガで出場機会が減少し、昨年は28試合95打席しか出場していない。

マイナー契約だから low riskではあるが、ポイントは
1. 故障の具合はどうなんだろう?
2. どこを守る?もしくはユーティリティープレーヤーとして控えかな?

という感じでしょう。
1. について、もし体が問題ないのであればもう少し早くに他のチームが獲りに行っていたような気もするけれど、それでも、万が一(?)全くケガの問題がなければ、ある程度長打も打てる内野手として重宝されることになるかも?
2. については、内野一通りとレフトは経験があり、今の状況からするとサードのポジション争いに参入するかも、という感じ。とすると、Figgins, Seagerのサード争いがパッとしない場合、Guillenが割って入ることになるか?あるいは、Figginsが開幕前にトレードなどで放出された場合のバックアップかもしれない。

いずれにしても、メジャー昇格を目指す川崎宗則に強力なライバル出現というのは間違いなさそう。

スプリングトレーニングの見所が一つ増え、ますます楽しみになってきた・・。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/664-188759cc

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
マリナーズ・補強失敗の歴史
<< old
イチローがトップバッターでなくなるかも?続報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。