スポンサーサイトオークランド・先発投手陣

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-03 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-24

Brandon McCarthy(ブランドン・マッカーシー)
メジャー8年目の28才。右投右打。2002年ドラフト17巡目でホワイトソックスから指名。
2005年5月にメジャーデビュー、2006年からはリリーフ投手として定着。このオフにテキサス・レンジャーズへとトレードされ、先発へと復帰したが、肩や肘の故障に泣かされることが多かった。2010年オフにオークランド・アスレチックスと契約。ツーシームやカットボールを磨きコントロールも改善したためにゴロを打たすことが多くなり、被本塁打が減少した。
昨年の成績は 25試合に先発して9勝9敗、170イニング2/3を投げて123奪三振に対して与四死球はわずか25であった。ERA 3.32, WHIP 1.13。今季はオークランドの開幕投手を務める。

Bartolo Colon(バートロ・コロン)
ドミニカ出身で1993年にクリーブランド・インディアンズと契約。メジャーデビューは97年で、キャリア15年・38才のベテランである。1998年から2005年の9年連続二桁勝利、特にエンジェルズ在籍中の2005年には21勝8敗・防御率3.48の成績でサイ・ヤング賞を受賞している。その後は故障に泣かされ、レッドソックス→ホワイトソックス→故障で1年のブランクの後にヤンキースと移ったが、昨年は29試合に登板(26試合は先発)し、投球回数164.1, 8勝10敗・防御率4.00と先発ローテーションの一員としてまずまずの成績を挙げた。
今年はオークランドと契約。

Tyson Ross(タイソン・ロス)
2008年ドラフト2巡目で指名され入団した期待の若手である。2010年開幕当初からメジャーに昇格し、主にリリーフ登板が多かった。速球と動くストレートが持ち味ではあるが、コントロールにやや難があるらしい。

Tommy Milone(トミー・ミローン)
2008年ドラフト10巡目でワシントン・ナショナルズから指名を受けた。2011年9月にメジャーデビュー。5試合に先発して1勝0敗・ERA 3.81という成績であったが、オフのGio Gonzalez(ジオ・ゴンザレス)トレードでオークランドへ移籍。制球が持ち味か。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/690-16f2663c

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
オークランド・アスレチックス選手紹介(ブルペン)
<< old
オークランド・アスレチックス選手紹介(打者編)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。