スポンサーサイトズルズルと4連敗

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-05 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-27

今日から対 Tampa Bay Devil Rays 3連戦。Tampa Bay は Oakland 相手に3連勝と好調です・・単に最近当たる相手は直前に Oakland と当たっていることが多く、不振の Oakland 相手にいい試合をしていることが多いような・・。
現在、Oakland - Seattle と続く6連戦は相手にとっておいしいカードだと思います。情けない・・。

今日の先発は Gil Meche (SEA) - Mark Hendrickson (TB) です。今年の Mariners, 左腕先発投手に対して1勝9敗と圧倒的に分が悪いのですが、左腕 Hendrickson に対してまたも打線がイマイチでした。Meche は今日はピリッとせず、5回途中までで4安打・5四球で 104球を費やし、1死1・3塁で Mateo にスイッチ。Mateo も今日は調子が悪く、連打で走者を2人とも得点させてしまいました。

何ともイライラさせられたのが6回表の Mariners の攻撃です。
Olivo がポテンヒットの後、イチローがきれいに三遊間を抜いて無死1・2塁。ここで Randy Winn はいい当たりではありましたがセカンドライナーで Olivo が帰塁できずダブルプレー。この後、Beltre, Sexson が連打で1点をとり、Ibanez が四球で2死満塁。同点の絶好のチャンスでしたが、Boone が初球をあっさりと打ち上げてセンターフライでチェンジ。がっくり。4安打1四球で1点しかとれませんでした。

この場面、まず日本だったら Randy Winn に送りバントをさせるのが定石かなと思うのですが、アメリカではなかなかそういうことにはなりません。そうそうヒットがつながることはないので(特に今の M's)、多少は策を弄する必要があるんじゃないかと思うのだけど。

とは言っても1点差で終盤へ。7回裏、先頭の Travis Lee がライトに大きなフライを打ち上げ、イチローが落下点に入り捕球体勢・・と思ったところで、そこにボールは落ちてきませんでした。天井からつり下がっている構造物にぶつかってライト定位置より前に落ちてしまったのです。ホント、運が悪いとしかいいようがありません。しかし、問題はこの後、Mateo はこの不運な当たりにキレてしまったのか、次の Phelps に甘い球を続けてしまい、最初の2球はファールになったのですがその次のストライクはバックスクリーンに消えてしまいました。とにかく、今年の Mateo らしくなく、同じ打席で3球も危ない球を投げてしまったのはやはり精神的なものか?と想像してしまいます。

8回表、Randy Winn の2塁打・Sexson の四球で作ったチャンスで Raul Ibanez がライトフェンス直撃の2塁打(あともうちょっとで同点ホームラン・・)で1点差まで来ました。

9回表は下位打線から。Bloomquist が四球で出塁、イチローの当たりは三塁手がトンネルして、最後の最後まで同点のチャンスはあったのですが、WInn が Tampa Bay のクローザー・Baez の外角ストレートを空振り三振で万事休す。

これで4連敗で借金11。またズルズルと負けを重ねてしまっています。一方で西地区首位の Angels は9回裏に5点差を追いつき延長10回サヨナラ勝ちという劇的な勝ち方をしていてゲーム差も9.5 まで広がってしまいました。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/73-e52a71ee

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
相変わらずの貧打、でも連敗ストップ
<< old
ズルズルと3連敗
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。