スポンサーサイト対 Tampa Bay Devil Rays 観戦記~試合編~

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-05

さて、試合編です。

20050606055936.jpg今日の席は1塁側3階席の最前列。なかなか良い席でした。試合開始当初は屋根も開いていたのですが、2回裏に厚い雲がやってきたところで閉まってしまいました。

Moyer は立ち上がりに苦しみ、いきなり Carl Crawfold の中前打・Julio Lugo の左中間二塁打で早々に1失点。この後、Lugo の三盗・Damon Hollins 四球で1・3塁のピンチもありましたが、この回はとりあえず切り抜けました。

しかし2回表、2死から Alex Gonzalez の中前打・Crawfold のセンターオーバーのフェンス直撃の二塁打で1点。さらに Lugo がショート右へ内野安打、これをショートの Mike Morse が1塁へ悪送球して Crawfold がホームイン。続く Aubrey Huff は右前打。3塁へ向かった Lugo を刺そうとイチローが3塁へレーザービーム送球、しかしバウンドした球が Lugo に当たり、大きくそれる間に Lugo が生還し、この回は不運な面もありましたが3点を追加され、0-4 と大きくリードされてしまいます。この時点で、Tampa Bay 並びに野茂にとっては有利な展開で、野茂の 200勝もやや現実味が帯びてきたような感じがしました。

しかし、この回以降、Moyer が立ち直り、テンポ良く6回まで抑えました。

一方、野茂は一回りまではきっちり抑えていましたが、3回裏に1点を失います。Pat Borders が完璧なバントヒットをサード前に決めて出塁。イチローが四球、Winn がショート内野安打で満塁となったところで、Beltre が三遊間を破り1点。しかし、後続 Sexson 空振り三振(Sexson は悔しさのあまりバットでヘルメットの上から自分の頭をたたき、さらにバットを地面にたたきつけて根っこから折っていました)・Ibanez 右飛でイニング終了。

5回裏はイチローが先頭打者で、独特の体勢を崩しながらの久しぶりのヒット。Winn がライトへ大きな当たり。Huff が捕ったかと思ったのですが、フェンスへぶつかった時に落球(記録はヒット)で1・2塁。Beltre のピッチャーゴロは野茂の2塁送球がワンバウンドになったため併殺崩れで1死1・3塁。ここで Sexson が痛烈なサードオーバー・レフト前タイムリーでまず1点、先ほどの悔しさを晴らしました。2死後、Boone が外角高めのボール球を右中間へ二塁打で2点追加しとうとう同点。Boone には珍しい?軽打でいいコースへ打球を運んだと思います。

6回裏は Mike Morse がライト前にしぶとく落とし、Borders の送りバントで2塁へ。イチローはレフトフライに倒れましたが、今日大活躍の Winn がライト線にタイムリー二塁打でとうとう逆転。野茂はこの回で降板し、日米通算 200勝はなりませんでした。

20050606060013.jpgちなみに、注目の野茂・イチロー対決は左直・四球・中前打・左飛と、3打数1安打1四球でした。


もちろん、マリナーズファンとしては逆転したのは嬉しかったのだけれど、野茂が痛打されているのを見るのはちょっと辛かったです。野茂の球速は最高でも 88 mph (141 km/h), 詳しい球種はわかりませんが、70 mph 台後半~ 80 mph 台前半の球が多く、昔の速球派のイメージはありませんでした。
メジャーで10年、いろいろな試練や度重なる故障を克服しながら survive してきた野茂、その試練の傷跡を見せつけられたような気がして、寂しいような哀しいような・・。
でも、次の試合では何としてでも 200勝を達成して欲しいです。

さて、終盤。
8回表、Tampa Bay は先頭の Huff が Mateo からヒット。ここで何故か Mateo から Jeff Nelson へスイッチ。Nelson はピリッとせず、Alex Sanchez に右前打を許して無死1・3塁。Hollins のセンター前へ抜けるかという打球は Boone が好捕してセカンドで封殺、しかしこの間に同点になってしまいました。
さらに Travis Lee がセンター前ヒットで1死1・3塁。逆転のピンチでしたが、何とか Jorge Cantu を一邪飛、Alex Gonzalez をレフトライナーで討ち取り、同点のままでイニング終了することができました。

9回表は Ron Villone が登板。昨日のこともあるのでヒヤヒヤしながら見ていましたが、今日は1安打のみで無失点。

その裏、相手リリーフの Chad Orvella (地元・Washington 州 Sammamish 出身)から Beltre がメジャー通算 1000本目となるライト前ヒット。そして Sexson がレフトオーバーの二塁打で、Beltre が長駆生還し、サヨナラ勝ち!最後は中軸の2人で決めてこのシリーズも勝ち越し。いい形でホームでのシリーズを終えることが出来ました。

20050606060031.jpgBeltre, 1000本安打の瞬間


20050606060047.jpgBeltre, Sexson のサヨナラ二塁打で生還!


火曜日からは Interleague games で東海岸へ。 Florida Marlins, Washington Nationals とのシリーズに臨みます。チーム全体の調子はかなり上向いているように見えるのでこの調子で頑張ってほしいです。Keep it up, M's !
スポンサーサイト

Comment

aoi : 2005-06-09(Thu) 22:51 URL edit
こんばんは!
野茂選手は残念でしたが見ごたえのある日に観戦されましたね!うらやましい!
去年のマリナーズだったら0-4から逆転なんて考えられない…
今日は負けましたがそれでもいい試合でした。
調子出てきたんじゃないですかね?
ブーンもやらかしてボーゼンとせず、しっかり決めてくれることが多くなってきたような。
なむぞう : 2005-06-10(Fri) 14:56 URL edit
aoiさん、こんにちは。
aoiさんが感じられたとおり、ようやくチームの調子が上がってきました。たしかに、多少リードされても挽回するだけの力が感じられるようになってきましたね。レッドソックスは明日からリグレーフィールドですね。伝統ある人気チーム同士の対戦、盛り上がりそうで楽しみです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/85-fed7f5f9

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ドラフト会議:1巡目で強打の捕手を指名
<< old
対 Tampa Bay Devil Rays 観戦記~練習編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。