スポンサーサイトドラフト会議:1巡目で強打の捕手を指名

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-07

今日・明日と MLB のドラフトが行われています。2日間かけて1チームが 50人くらいの選手を指名します。日本のドラフトと違い、全球団が一堂に会するわけではなく、会議はカンファレンスコールで進行されていきます。また、基本的に前年度の下位チームから順番に指名していくことになり、くじ引きなどはありません。ただし、順番については、前年オフの間にフリーエージェントの選手を他球団から獲得した球団は代償としてその選手のグレードなどに応じて旧所属球団へドラフト指名権を譲る決まりになっているので必ずしも順番通りというわけでなく、なにやら複雑なことになっています。
Mariners は昨年のひどい成績のおかげで、1巡目は3番目に指名する権利が与えられましたが、フリーエージェントで Sexson, Beltre を獲得しているので2巡目・3巡目の指名権を譲り、2人目の指名は4巡目までできないことになっていました。

1巡目に指名したのは University of South California の Jeffrey Clement 捕手です。左打ちの強打の捕手で、大学通算44ホームランは USC ではあの Mark McGwire と Brewers の中軸を打っている Geoff Jenkins に続くものだそうです。いろいろな情報を総合すると、タイプ的には Minnesota Twins の3番を打っている Joe Mauer によく似たタイプのようです。一方、守備のレベルはさほどではなく、キャッチングに難があり、まだプロのレベルでやるには練習を要するとのことでした。というわけで早くも、「1塁か DH で起用するのではないか?」という憶測も出ていますが、果たしてどうなるでしょうか?

実は数日前までの新聞報道では Long Beach State Univ の ショート・Troy Tulowitzki を指名するだろうと予想されていましたが、Miguel Olivo の不振をはじめとする捕手難が顕著になってきているというチーム事情もあったと思われます。ちなみに、Troy Tulowitzki は大学の先輩であり、昨年の新人王 Bobby Crosby (Oakland Athletics) の同時期よりも上で、「ハズレ」の心配がないだろうとのことでしたが、結局 Mariners が Clement を指名した後、7番目で Colorado Rockies に指名されています。

この後4巡目以降、Mariners は15人の選手を指名しましたが、うち6人は投手を指名しています。また今日の指名選手全16人のうち13人が大学生でした。
明日はさらに32人の選手達が Mariners に指名されることになっています。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/86-5119f5bb

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
ドラフト会議あれこれ
<< old
対 Tampa Bay Devil Rays 観戦記~試合編~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。