スポンサーサイト延長13回・粘り負けで Sweep 逃す

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-16

Philadelphia Phillies 3連戦の最終戦。Washington Nationals に3連敗を喫していた直後なので、この試合を勝ってその借金をチャラにしたいところでした。
先発は Joel Pineiro (SEA) - Brett Myers (PHI) です。Brett Myers はまだ24才ですが、長身からストレートの他、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを投げ分ける投手です。今季5勝3敗・防御率 2.26 と好調を持続していて、相手打者の打率は .211 と、ちょっと打ち崩すのは難しそうな投手でした。

しかし、2回裏に Mariners が勢いに乗る Mike Morse のタイムリー2塁打で先制をすると、Pineiro が4・5回と走者を出しながら点は許さず 1-0 のリードで中盤まで進みました。

6回表の Phillies の攻撃、Jimmy Rollins が中前打・Kenny Lofton がバントヒット・Bobby Abreu のレフトフライで1死1・3塁のピンチから、暴投で同点。2死から Jason Michaels の当たりは痛烈にレフト頭上を襲いますが、Randy Winn が素晴らしいジャンピングキャッチで追加点を未然に防ぎました。

7回表には1死2塁から、Mike Lieberthal が空振り三振。しかし、この球は Rene Rivera の股間を抜けてバックネットへ。Rivera はボールを拾って1塁で振り逃げを狙った Lieberthal を封殺、この間にホームを狙った Chase Utley が Sexson からのバックホームで間一髪アウト、1点を争う展開で大きなプレーでした。

後半は守備にかなり助けられましたが、Joel Pineiro は7回まで7安打・無四球・自責点1と先発の役割を十分果たしたと思います。最近、先発ローテーションが安定してきているのは何より好材料です。

しかし、8回から出てきた Ron Villone, 昨日はよかったのですが、今日はもとの(?)Villone でした。Jimmy Rollins をヒットで出した後、盗塁失敗で一安心したところで、Kenny Lofton, Bobby Abreu に連打を許し、Abreu のセンター前ヒットを処理して内野へ返球した Reed の球が悪送球となる間に Kenny Lofton がホームインしてしまい、せっかく守備で粘っていたのに守備の乱れで勝ち越しを許すことになってしまいました・・。

しかしすぐさまその裏、先頭打者の Raul Ibanez が右中間へ同点ホームラン、取られたら取り返すといういい展開でしたが、この後1点を巡る長い攻防が続くとは・・。

9回裏は Morse のヒットから、2個の敬遠四球などで2死満塁というサヨナラのチャンスを作りましたが Sexson が三振で好機を逸しました。
この後はPhillies のリリーフ陣・ Ryan Madson - Geoff Gearyにほぼ完璧に抑えられてしまいました。

Mariners も J. J. Putz (いきなり先頭打者に四球を出すので、どうなることかとドキドキしながら見ていたらその後はまずまず立ち直って結局2回をゼロで抑えた)- Eddie Guardado (1イニングだけクローザー投入・貫禄の3者凡退)- Julio Mateo と繋ぎましたが、

13回表1死後、Julio Mateo は、好調・今日5安打の Jimmy Rollins にセンターオーバーの3塁打を打たれ、2つの敬遠四球で満塁とした後、Tomas Perez がライトへ犠牲フライでとうとう1点リードを許してしまいました。

20050617071346.jpgこうなれば Phillies の勝ちパターン・クローザーの Billy Wagner の登場です。100 マイル(161 km/h)を超えるストレートが有名なメジャーを代表する左腕クローザーです。Boone は 98 mph (= 158 km/h) で簡単に三振。代打・Willie Bloomquist はショートゴロで2死。次打者、ノリノリの Mike Morse はなんと 101 mph (= 162.5 km/h)のストレートをセンター前ヒット・・これはいいものを見せてもらいました。続く Rene Rivera は残念ながら見逃し三振で試合終了・・Wagner - Ichiro 対決も見てみたかったけど・・。(写真:Phillies 公式サイトより)


というわけで、延長 13回の長い試合、結局相手ブルペンに完全に抑えられた形で惜しい試合を落としました。
以前に比べると大分まともな野球をやっていることは確かなのですが、こういうタフな試合をものにできるかできないかはシーズン等して考えると大事な要素です。そういう意味ではまだ本当の力がついていないのでしょうか・・うーん残念・・。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/97-e59034ae

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
イチロー・石井対決によせて
<< old
投手のふんばりで連勝!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。