スポンサーサイトイチロー・石井対決によせて

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2005-06 / MLB (the Mariners) > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-17

今日の Interleague, Mariners - Mets 戦では、石井一久投手の先発が予定されています。
自己紹介で分かって頂けると思いますが、日本球界ではヤクルトファンの自分にとって、この試合は初めて石井の相手を応援することになり、複雑な気分です。
当然イチロー対石井の対決も見られることになりますが、この2人は同期生でともに1991年秋のドラフトで指名されてプロ入りしています。石井は甲子園へは出場していませんが逸材の評判高く、ヤクルトのドラフト1位で入団、対するイチローは甲子園に2度出場しているものの、あまり目立つことなく4位でオリックスに入団しています。

僕は愛知県出身ですが、「愛工大名電の鈴木」といっても前年の甲子園で、優勝候補・松商学園の上田佳範投手と投げ合った投手という記憶がちょっとあるだけで、あまり強い印象としては残っていませんでした。

実は1992年のジュニアオールスターには2人とも出場しています。僕はこの試合でオールイースタンの先発・石井目当てに東京ドームへ足を運んだのですが、この試合で代打で出てきてライトスタンドへホームランを放ち、次の打席ではヒットで出塁した後盗塁を決めるという、一際目を引く活躍を見せて MVP を獲得したのがオリックスの鈴木選手、つまりイチローでした。

2人は3年後、1995年の日本シリーズで対決しています。前年、210安打を放って一躍球界を代表する選手に登り詰めたイチローと、ヤクルトのエースとなった石井の対決は第2戦で実現、3打数ノーヒット・1死球という成績でした。当時は当然、石井の方を応援していたので、非常にうれしい結果でした。

この他、日本での二人の全対戦成績は5打数1安打だったそうですが、メジャーでは一度だけ、しかもオープン戦で対戦しています。石井の渡米1年目、開幕直前の Mariners - Dodgers の試合、この時は2打数2安打・1四球でイチローの完勝でした。
さて、この2人のメジャー公式戦初対決、注目です。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mlbblog.blog9.fc2.com/tb.php/98-c2140070

MLB: マリナーズラボのブログ | Page Top▲

New >>
対 New York Mets 戦観戦記~練習編~
<< old
延長13回・粘り負けで Sweep 逃す
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。